TOPICS
大会
2018.03.24

【私学コメント】選抜へ! 準Vの羽黒・旭主将「強みは粘り。最後までボールを追いかけて、優勝を勝ちとりたい」

第52回全日本私立高等学校選抜ソフトテニス大会◎3/21-23横浜国際プール

関連キーワード:
羽黒高の新キャプテン・旭笑

 3月21日(水・祝)に神奈川県横浜市の横浜国際プールにて行われた『第52回全日本私立高等学校選抜ソフトテニス大会』の男子団体。準Vの羽黒・旭キャプテン、白幡監督に選抜への抱負を聞いた。

「出だしが悪かった。選抜に向けて修正を」

旭笑主将コメント

――全日本私学選抜では決勝で東北に敗戦。選抜に向けての課題はどういった部分ですか。

「(白幡)監督からも指摘されたのですが、試合の出だしが悪かったです。チームとして全員がそのあたりの課題を意識して、選抜に向けて修正していきたいと思います」

――決勝をプレーする上で、意識したことは?

「東北との決勝で、自分が対戦したペア(小倉輝/檜山遥斗)はダブル前衛だったので、特にサービスレシーブを意識しました。また、東北は全員がカットサービスを打つので、特にレシーブを入れることも大事になってきます。これは、チーム全員が共通して意識してプレーしていました」

――全日本選抜に向けての意気込みを聞かせてください。

「羽黒高校の強みは粘り。最後までボールを追いかけていく気持ちが勝利につながっていくと思うので、向かっていく気持ちを持って、粘りのあるプレーをして、優勝を勝ちとりたいと思います。

 全日本私学では準優勝だったので、どうすれば優勝できるかを一人ひとりみんながしっかり考えて、やるべきことを継続してやっていきたいと思います」

「東北の力が上。“10回に1回の勝利”を」

白幡光監督コメント

――私学選抜の結果をふまえ、全日本選抜への展望をお聞かせください。

「現時点では東北のほうが、力が上だと感じていますが、練習試合でも競ったりはしているので、本番ではまた羽黒らしい粘りのある試合をして“10回に1回の勝利”を持ってこられるように頑張ります」

1年生ペアの澤田吉広(左)/荒木駿は個人戦でも決勝へ勝ち上がり、東北ペアに敗れるも準優勝と健闘

私学で旭とペアを組んだ2年生前衛の齋藤大樹

2年生後衛の根本拓哉

2年生前衛の齋藤龍二

取材・構成◎田辺由紀子 写真◎菅原淳

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社