TOPICS
大会
2018.03.27

【選抜】女子プレビュー 文大杉並のヤマは強豪ぞろい、連覇をねらう三重は?

第43回全日本高校選抜大会◎3/28-30愛知県・日本ガイシスポーツプラザ

関連キーワード:
左から文大杉並の原島百合香、中村学園女子の原口美咲、三重の竹田真樹

 いよいよ明日、『第43回全日本高校選抜ソフトテニス大会』が愛知県名古屋市・日本ガイシスポーツプラザで開幕する。2018年3月28日(水) ~ 30日(金)の3日間、女子36校の頂点に立つのは? 女子のプレビューをお届け。

アゼリアVの和歌山信愛、私学準Vの中村学園女子

 昨年インハイと国体の2冠を達成した文大杉並。林田リコ/宮下こころは抜けたが、小林愛美、小松﨑茉代、原島百合香、鈴木理奈、西東彩菜のインハイVメンバーが残り、選抜の1週間前に行われた全日本私学選抜で優勝を飾った。昨年16強敗退の雪辱を期す戦力はととのっている。

 その文大杉並を2月のアゼリアカップ準決勝で破ったのが和歌山信愛だ。近畿予選で1位、アゼリアで5年ぶりのV。昨年から主力の浅倉衣里は同じ2年の前衛・岡田未来と組み、3番勝負を3度ものにする力強さを見せた。

 このヤマには九州1位、私学準優勝の中村学園女子もいる。軸となる原口美咲/久保菜月は昨年インターハイ個人準優勝の実力が示すように、私学団体決勝で勝利を挙げるなど全勝。もう1本が整備されれば、優勝も視野に入る。

第1シードの三重は竹田が中心、上昇中の昇陽

 昨年覇者の三重が第1シードに入った。昨年の主軸で残るのは竹田真樹だけだが、竹田は長身の1年前衛・藤城みちると組んでアゼリア全勝と貫録を見せた。東海予選1位、アゼリア準優勝とチーム力をキープ。同じヤマには、北信越1位の北越、昨年3位の明豊のインドア巧者に加え、私学3位を粘りで勝ち取った白鷗大足利も紙一重の戦いに持ち込みそう。

 左下のヤマで注目はアゼリア3位の山陽女子に注目だ。オール1年生ながら2年前の全中Vチームが中心となって激戦の中国予選を首位で勝ち抜いた。昨年インハイ個人16強の長谷川憂華/立花さくらを軸に、フレッシュな旋風を巻き起こす。昨年インハイ8強の相洋と札幌龍谷学園、四国1位の尽誠学園などが立ちはだかるだろう。

 昨年3位で東北予選1位の東北は右下のヤマに。2年の小林世音、金綾乃は昨年インハイ3位メンバーで、矢作舞彩/金は私学個人戦で準優勝。昨年の最高成績を越える躍進も期待できる。

 また、私学大会で3位に入った昇陽は上昇度で楽しみな存在。昨夏インハイ個人3位の上野小町/吉田澪奈は私学個人で優勝と安定感があるだけに、試合を有利に運べる。

28日(水)対戦カード

●1回戦
田村×脇町
鹿児島女子×就実
富士見×熊本中央
浜松商業×日大藤沢

●2回戦
相洋×大村
中村学園女子×桜の聖母学院
羽黒×山陽女子
岡崎城西×和歌山信愛
米子松蔭×北海道科学大
昇陽×星野
北越×白鷗大足利
鶯谷×明豊
尽誠学園×福知山成美
今治北×高岡西
佐賀清和×能登

文◎編集部 写真◎井出秀人、山田次郎

全日本高校選抜女子出場校名鑑はこちら

2017年実施(2016年度)全日本高校選抜大会
男子結果>>優勝:高田商業(2年連続11回目)
女子結果>>優勝:三重(3年ぶり2回目)

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社