TOPICS
大会
2018.03.30

【選抜コメント】女子3日目・1年生チーム・山陽女子の挑戦は4強で終える

第43回全日本高校選抜大会◎3/28-30愛知県・日本ガイシスポーツプラザ

関連キーワード:
ベンチで試合を見守る立花主将

7人のメンバー全員が1年生という陣容ながら、昨年のインターハイ8強からステップアップし4強入りを果たした山陽女子(岡山)。三重(三重)との準決勝にはG1-④、3-④で敗れたものの、大黒柱の立花さくら主将がケガで不在の中、全国ベスト4は立派な成績と言えるだろう。今大会で際立つ活躍を見せたエース長谷川憂華と、本来ペアを組むはずだった立花キャプテンの2人に大会を振り返ってもらった。

「ベンチから見ることで、いいチームだなと感じました」

▼山陽女子・長谷川憂華/立花さくらコメント

――準決勝は今大会で初めて3番に。攻めにいったオーダーとの印象を受けました。

長谷川「アゼリアカップで三重に負けて、そのリベンジもかかっていたし、みんなで優勝しようと言っていたので、あとちょっとの差で負けたのが悔しいです。(3番は)後藤明弘先生が仲間に話して、仲間から聞きました。3番は何年もやってなかったのですが、絶対に3番勝負になると思っていたし、自分が打って、攻めて勝つしかないという気持ちでした」

――準決勝を戦った印象は。

長谷川「完全にいい試合だったとは言えないんですけど、攻めて点を取って、楽しくできたのはよかったと思います」

――立花選手はケガで今大会欠場でした。キャプテンという立場だけに、自分が出られないのは辛かったのでは。

立花「メンタル的にすごくキツかったんですけど、メンバーや先生が励ましの言葉をいろいろとかけてくれて。自分は試合には出られないけど、応援で一緒に優勝できたらなという思いで、一生懸命応援していました」

――キャプテン不在という状況で、他のメンバーはよく奮闘したと思います。仲間たちの戦いぶりをどう見ていましたか。

立花「みんなが一生懸命がんばってくれて、自分も一緒に戦っているようでした。楽しかったし、頼もしかったです」

――試合を外から見ることで、感じたことがあったのでは。

立花「ベンチから見ることで、みんないいプレーができるし、いいチームだなと感じました。ペアを組む長谷川に関しては、外から見てあらためて、いつも助けられているんだな、と」

――キャプテン不在、全員新2年生という状況での4強入りは立派な成績だと思います。それをふまえた上で、インターハイに向けての抱負を聞かせてください。

立花「まずは予選を通過しなければならないので。予選を超えて、何度もリベンジといいながらそれを果たせていないので、インターハイこそみんなで団体戦を優勝して岡山に帰りたいと思います」

長谷川「予選は厳しいですけど、まず予選を勝つ。2年生になって追われる立場にもなりますが、しっかり自分のプレーをして、団体戦で優勝したいです」

本来は後衛ながら、急遽前衛として長谷川と組んだ川原凪もよく奮闘した

立花キャプテン(左)と長谷川

 

取材・文◎直江光信 写真◎直江光信、宮原和也

 

 

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社