TOPICS
大会
2018.03.31

【春全小】今年も白子でジュニア選手が春の頂上決戦!

第17回全国小学生大会◎3/30-31千葉県・白子町サニーコート他

関連キーワード:
女子5年生ダブルス優勝の馬島沙英/辻田莉夢(上郡ジュニア/御津ジュニア)

 今年度のラストを飾る春全小が3月30日、31日に千葉県白子町で開催された。男女別に、6年生以下シングルス、5年生ダブルス、4年生以下ダブルスの計6部門で春の頂点を争った。

 初日の30日に予選リーグが行われ、2日目の31日は各順位別トーナメントを実施。決勝トーナメントでは、男子5年生の部で、昨年4年生以下の部3位の國松樹人/國松巧(小千谷市ジュニア)がリベンジV。ダブル後衛を軸に、雁行陣、ダブルフォワードと巧みに陣形を組み合わせた圧巻の試合運びを披露した。

 女子決勝トーナメントでは、一昨年に2年生で4年生以下ダブルスを、昨年に3年生で5年生ダブルスを制した前川愛生(明石ジュニア4年)が今年は4年生以下の部に出場。同学年の中谷ももこ(明石ジュニア)と組んで見事3連覇を果たした。

 また、女子6年生シングルス優勝の泉屋初希(手賀沼ジュニア)は、29日の開会式恒例の地元選手による司会進行アナウンスを務めて好評。開催地の千葉県連盟は、地元選手の活躍に湧いた。

 各部門の上位入賞者と優勝者写真、決勝トーナメントの結果は下記の通り。

男子6年生シングルス
優 勝:浅見竣一朗(秩父ジュニア)
準優勝:横田 翔(潮来スポ少)
3 位:山田麗生(サービスエース飯島)、小木曽快成(多治見ジュニア)

男子5年生ダブルス
優 勝:國松樹人/國松巧(小千谷市ジュニア)
準優勝:小山寛晴/野口遼(鳩ケ谷ジュニア/わかくさ)
3 位:大槻寛介/千葉琉翔(仙台青葉JST/若柳スポ少)、川﨑康平/大山瑠偉(清武ジュニア/スターキッズ)

男子4年生以下ダブルス
優 勝:石川智広/吉松駿佑(豊川協会)
準優勝:植田璃音/結城純平(高畑ジュニア/砧南ジュニア)
3 位:大門登馬/髙嶋雅弥(MCD)、三田勇人/前川遼(明石ジュニア)

女子6年生シングルス
優 勝:泉屋初希(手賀沼ジュニア)
準優勝:近藤明日咲(善通寺JSC)
3 位:中谷さくら(明石ジュニア)、高野蓮奈(日の出ジュニア)

女子5年生ダブルス
優 勝:馬島沙英/辻田莉夢(上郡ジュニア/御津ジュニア)
準優勝:竹口陽菜/宮下日香莉(能登スポ少)
3 位:小柴杏寧/浦山皐(WING射水スポ少)、多鹿詩織/安井花凜子(打田ジュニア/橋本ジュニア)

女子4年生以下ダブルス
優 勝:前川愛生/中谷ももこ(明石ジュニア)
準優勝:市川こいと/池田つばき(堺市テニススポ少)
3 位:房野紗千/安田紅音(堺市テニススポ少)、古賀香音/石井胡桃(桜ジュニア)

男子6年生シングルス優勝の浅見竣一朗(秩父ジュニア)

男子5年生ダブルス優勝の國松樹人/國松巧(小千谷市ジュニア)

男子4年生以下優勝の石川智広/吉松駿佑(豊川協会)

女子6年生シングルス優勝の泉屋初希(手賀沼ジュニア)

女子4年生以下ダブルス優勝の前川愛生/中谷ももこ(明石ジュニア)

 

文◎井口さくら 男子写真◎藤井勝治 女子写真◎井出秀人 協力◎千葉県連盟

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社