TOPICS
大会
2018.04.12

4/14、15アジア競技大会の日本代表男女各1名が決まる日本代表予選会、組み合わせ

第18回アジア競技大会日本代表選手予選会(シングルス)◎4/14-15広島県・広島広域公園テニスコート

関連キーワード:
日本のシングルスシーンを牽引している4選手。左から増田健人(和歌山県庁)、船水颯人(早稲田大)、長江光一(NTT西日本)、船水雄太(NTT西日本)

優勝した男女各1名が代表に選出

 4月14日(土)、15日(日)に、広島県広島市・広島広域公園テニスコート(ハードコート)にて『第18回アジア競技大会日本代表選手予選会(シングルス)』が行われる。

 インドネシア・パレンバンで8月末に開催されるアジア競技大会は、ダブルスが個人種別から外れたため、今回の予選会はシングルスで争われることに。優勝した男女各1名が日本代表に選出される。

 日本連盟から発表された出場選手は以下の通り。

●男子出場選手
水澤 悠太(NTT西日本)
村上 雄人(NTT西日本)
丸中 大明(NTT西日本)
長江 光一(NTT西日本)
本倉 健太郎(明治大)
丸山 海斗(明治大)
船水 雄太(NTT西日本)
林 大喜(NTT西日本)
上岡 俊介(同志社大)
広岡 宙(NTT西日本)
安藤 優作(早稲田大)
内田 理久(早稲田大)
船水 颯人(早稲田大)
上松 俊貴(早稲田大)
増田 健人(和歌山県庁)
九島 一馬(ミズノ)
桂 拓也(ヨネックス)
髙月 拓磨(ヨネックス)
内本 隆文(早稲田大)
星野 慎平(早稲田大)
井口 雄介(スマッシュイグチクラブ)
高倉 和毅(早稲田大)
阪本 崚(関西大)
米澤 要(明治大)
瀬口 翔太(トヨタ自動車)
根本 大地(明治大)
星野 雄慈(日本体育大)
林 誠太朗(同志社大)
高村 悌紳(関西外語大)
林 湧太郎(高田商業高)
中別府 凌(高田商業高)
大友 駿(中京高)

●女子出場選手
林田 リコ(東京女子体育大)
宮下 こころ(明治大)
徳川 愛実(ヨネックス)
黑木 瑠璃華(ヨネックス)
高橋 乃綾(どんぐり北広島)
半谷 美咲(どんぐり北広島)
小谷 菜津美(ダンロップ)
大槻 麗(ダンロップ)
笠井 佑樹(日本体育大)
尾上 胡桃(日本体育大)
中川 瑞貴(ナガセケンコー)
森田 奈緒(ヨネックス)
貝瀬 ほのか(ヨネックス)
黒田 麻衣(ヨネックス)
西岡 真里華(関西大)
古田 麻友(関西大)
志牟田 智美(東芝姫路)
大井 樹来(ヨネックス)
吉田 栞里(ヨネックス)
泉谷 朋香(東芝姫路)
七尾 美咲(ワタキューセイモア)
福田 麗優(関西学院大)
森本 彩鼓(立教大)
小山 舞(早稲田大)
島津 佳那(東京女子体育大)
中別府 瑞希(関西大)
小松 芹奈(東京女子体育大)
片野 理音(東京女子体育大)
久保 晴華(日本体育大)
下地 彩可(関西外語大)
土井 あんず(立教大)
鈴木 愛香(日本体育大)

女子の有力候補4選手。左から全日本女子選抜シングルス優勝の尾上胡桃(日本体育大)、同準優勝の林田リコ(東京女子体育大)、全日本シングルス優勝の徳川愛実(ヨネックス)、全日本女子選抜シングルス3位の中川瑞貴(ナガセケンコー)

 男子は全日本ランキング11位までの選手、全日本シングルス8強、日本連盟推薦のU-20選手が参戦する。女子は全日本ランキング12位まで、日本連盟推薦のナショナル&U-20選手が名前を連ねた。

 今回のアジア競技大会日本代表選手予選会は、日本ソフトテニス連盟のHPで大会結果速報が行われる。動画、大会結果、写真が随時更新される予定だ。

 なお、会場で動画撮影は禁止。静止画の撮影は、大会本部に申請し、許可証が発行されれば許可される。

 4月13日(金)に組み合わせが発表された(4/13 8:00追記)。

男子組み合わせ

女子組み合わせ 

 


協力◎広島県ソフトテニス連盟 写真◎井出秀人、江見洋子

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社