TOPICS
プレー&コラム
2018.04.26

【選抜こぼれ話】「勝負の世界は甘くない」涙の理由と握りしめたお守り

ソフトテニス・マガジン6月号は4/27発売

関連キーワード:

 男子は東北、女子は三重の優勝で幕を閉じた高校選抜(3月28~30日)。連覇を遂げた三重の、決勝でのこぼれ話をお届け。

決勝でオーダーから外れる

 女子の春日本一を懸けた和歌山信愛(和歌山)との決勝の直前。連覇を狙う三重(三重)の待機場所で、村田真紀乃監督が2人の選手に話しかけていた。準決勝まで3番配置で戦ってきた田川美怜/浪岡菜々美。監督の話を聞きながら、浪岡は涙を流していた。

 数分後、決勝のオーダーが明らかになった。今大会それまで一度もプレーしていなかった勝田珠莉/石田恵美莉が出場する代わりに、2人はオーダーから外れたのだ。晴れの舞台でプレーできない悔しさ、自分への不甲斐なさ。涙の理由は、いろいろあっただろう。

 試合は、勝田/石田が期待に応えて最初の勝利をつかみ、三重は見事に連覇を達成した。試合後に村田監督が語ったオーダー変更の理由は、4月27日発売のソフトテニス・マガジン6月号をご覧いただくとして、もう一つ気になったのは、田川/浪岡にどんな言葉を掛けていたのか。返ってきたのは、厳しい内容だった。

「喝を入れただけで、慰めてはいません。本人たちは悔しい思いをしているかもしれませんが、勝負の世界は甘くないですから」

「パワーを送らなきゃ」

 では田川と浪岡は、どんな思いで決勝を見つめていたのか。ソフトテニス・マガジン6月号で紹介している2人の言葉以外に印象に残ったのが、試合前に泣いていた浪岡が、試合後に明かした仲間への思いだった。

「(同じ新2年生の)勝田が、自分のお守りを『頼む』と言って渡してくれたんです。私はもう一つのコートのスコアを書いていたんですけど、パワーを送らなきゃ、と思って、『勝田、頑張れ!』と思いながら、ずっと握っていました」

 優勝が決まった瞬間、背後のスタンドから選手・保護者による応援団の歓声が降り注ぐベンチ前で、村田監督とメンバー全員の喜びの輪が広がった。駆け寄る浪岡の右手にはペンとスコアシート、左手にはお守りが、しっかりと握られていた。

左手にお守りを握りしめた浪岡(左)とそのお守りを浪岡に預け、勝利をつかんだ勝田(右)

3度目の優勝、連覇を祝う三重高メンバー


文◎石倉利英 写真◎宮原和也

 

ソフトテニス・マガジン6月号は明日4/27(金)発売!

お求めはお近くの書店へ。お近くに書店がない方はアマゾンへ(別サイトに飛びます)

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社