TOPICS
大会
2018.05.09

【全日本シングルス組み合わせ】男子4強の牙城に食い込むのは?

第25回全日本シングルス選手権大会◎5/19-20新青森県総合運動公園テニスコート

関連キーワード:
昨年16強の上松俊貴(早稲田大)は、予選会で2位とシングルスでも躍進

 5月19日(土)、20日(日)に青森県・新青森県総合運動公園テニスコートで行われる『第25回全日本シングルスソフトテニス選手権大会』のドローが日本連盟より発表された。

 男子は2年連続で4強入りしている船水颯人(早稲田大)、船水雄太(NTT西日本)、増田健人(和歌山県庁)、長江光一(NTT西日本)がそれぞれ1~4のヤマに分かれた。

 昨年優勝で4月のアジア競技大会日本代表選手予選会を制した船水颯人は第一シードに。同じく青森が地元の兄・船水雄太は予選会2位の上松俊貴(早稲田大)と同じ2のヤマに入った。3のヤマの増田健人は順当に勝ち進めば、16強決めでアジア選手権シングルスでも戦った内本隆文(早稲田大)との対戦なるか。第2シードの長江光一は4のヤマに。予選会で敗れた内田理久(早稲田大)に8強決めで一矢報いるチャンスがある。男子の組み合わせは以下の通り。

 なお、アジア競技大会の日本代表は5月上旬の合宿で選出されており(発表は6月7日予定)、今大会は選考の対象とならない。

地元青森で連覇を狙う船水颯人(早稲田大)

 

2017年度
男子
優勝:船水颯人(早稲田大)
2位:長江光一(NTT西日本)
3位:増田健人(和歌山県庁)、船水雄太(NTT西日本)

女子
優勝:徳川愛実(ヨネックス)
2位:尾上胡桃(日本体育大)
3位:林田リコ(文大杉並高→東京女子体育大)、平久保安純(早稲田大・当時)

『第25回全日本シングルスソフトテニス選手権大会』

5月19日(土)9時開会式、9時30分試合開始
5月20日(日)9時試合開始
※21日(月)予備日

会場:新青森県総合運動公園テニスコート
アクセスはこちら ※日本ソフトテニス連盟サイトに飛びます


文◎ソフトテニス・マガジン編集部 写真◎宮原和也

 

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社