TOPICS
大会
2018.05.09

【全日本シングルス組み合わせ】女子3連覇を狙う徳川、林田は初Vなるか

第25回全日本シングルス選手権大会◎5/19-20新青森県総合運動公園テニスコート

関連キーワード:
レフティーの徳川愛実(ヨネックス)は、フットワークと粘りを武器に全日本シングルス2連覇中

 5月19日(土)、20日(日)に青森県・新青森県総合運動公園テニスコートで行われる『第25回全日本シングルスソフトテニス選手権大会』のドローが日本連盟より発表された。

 女子史上2人目の3連覇を狙う徳川愛実(ヨネックス)が第一シードに入った。シングルス女王のヤマには、都道府県全中シングルス優勝の濱島怜奈(修大附鈴峯中)、アジア競技大会日本代表予選会3位の高橋乃綾(どんぐり北広島)がいる。

 予選会を制した林田リコ(日本女子体育大)は2のヤマに。順当に勝ち進めば、昨年8強の志牟田智美(東芝姫路)が4強決めで立ちはだかるか。林田は昨年3位、一昨年は2位と全日本シングルスの頂まであと一歩。

 昨年8強で予選会3位の貝瀬ほのか(ヨネックス)は、予選会8強の片野理音(東京女子体育大)、中川瑞貴(ナガセケンコー)と難敵がひしめく3のヤマに入った。

 昨年準優勝の尾上胡桃(日本体育大)が第二シードに。勝ち上がれば、予選会2位の半谷美咲(どんぐり北広島)と4強決めでぶつかる可能性も。女子のドローは以下の通り。

 なお、アジア競技大会の日本代表は5月上旬の合宿で選出されており(発表は6月7日予定)、今大会は選考の対象とならない。

東北高から東京女子体育大に進学した片野理音。予選会では徳川も入ったリーグを抜け出し、8強と力をつけてきている

2017年度
女子
優勝:徳川愛実(ヨネックス)
2位:尾上胡桃(日本体育大)
3位:林田リコ(文大杉並高→東京女子体育大)、平久保安純(早稲田大・当時)

男子
優勝:船水颯人(早稲田大)
2位:長江光一(NTT西日本)
3位:増田健人(和歌山県庁)、船水雄太(NTT西日本)

『第25回全日本シングルスソフトテニス選手権大会』
5月19日(土)9時開会式、9時30分試合開始
5月20日(日)9時試合開始
※21日(月)予備日
会場:新青森県総合運動公園テニスコート
アクセスはこちら ※日本ソフトテニス連盟サイトに飛びます

 

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社