TOPICS
大会
2018.06.14

埼玉は男子・松山、女子・埼玉平成がインハイへ、個人も制す

【インハイ予選速報2018】埼玉/6月9、13日 熊谷さくら運動公園、智光山公園テニスコート

関連キーワード:
女子個人優勝の赤川友里奈/小林さくら(埼玉平成)。埼玉平成は2冠

埼玉県では、インターハイ予選『平成30年度学校総合体育大会兼全国高校総体ソフトテニス競技埼玉県予選会』が、6月9日(土)、13日(水)に熊谷さくら運動公園(男子団体、女子個人)および智光山公園テニスコート(女子団体、男子個人)で行われた。

9日の個人戦では、男子・佐藤信道/横山晃大(松山)、女子・赤川友里奈/小林さくら(埼玉平成)が優勝。

13日の団体戦では、男子・松山が昨年インハイ出場の武蔵越生を決勝で破り、女子・埼玉平成も昨年インハイ出場の星野を決勝で制し、頂点に立った。両校とも個人団体の2冠。松山は2年ぶり28回目、埼玉平成は3年ぶり8回目のインターハイへ。

【男子団体】
①松山
②武蔵越生
③早大本庄
③川越東

【女子団体】
①埼玉平成
②星野
③本庄第一
③大宮西

【男子個人】
①佐藤/横山(松山)
②中山/平塚(武蔵越生)
③栁井/小林(上尾)
③中澤/澤井(武蔵越生)
⑤小村/一関(松山)
⑤宮下/小林(早大本庄)
⑤佐藤/齋藤(松山)
⑤吉江/小山(早大本庄)

【女子個人】
①赤川/小林(埼玉平成)
②松岡/福田(大妻嵐山)
③佐野/丸山(埼玉平成)
③鈴木/沢登(埼玉平成)
⑤菅谷/武政(本庄第一)
⑤福原/竹谷(昌平)
⑤歌川/村田(星野)
⑤椎橋/株本(星野)

男子団体優勝の松山

女子団体優勝の埼玉平成


協力◎埼玉県高体連専門部

 

 

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社