上松 俊貴(うえまつ・としき)

%e4%b8%8a%e6%9d%be%e4%bf%8a%e8%b2%b4

上松 俊貴
うえまつ・としき

右利き/前衛 NEW(初代表)

所属:岡山理大附高3年→早稲田大新1年(4月~)
誕生日:1998年6月11日
出身地:岡山
身長:180
血液型:B
経歴:岡山Kids(小1)→岡山理大附中

2016アジア選手権出場種目

・ダブルス船水颯人/) 金メダル
2回戦:⑤-0 チョウ・モウ/ホァン・イーピン(中国)
3回戦:⑤-0 C.リャンパイゾーン/S.サンシイリロー(タイ)
準々決勝:⑤-1 キム・ジェボク/キム・ボフン(韓国)
準決勝:⑤-4 篠原秀典/小林幸司
決勝:⑤-1 内本隆文/丸山海斗
・シングルス ベスト16
1回戦:④-0 M.アヌグラ(インドネシア)
2回戦:④-2 チェン・ヅォンウェン(中華台北)
3回戦:2-④ 増田健人
・ミックスダブルス杉脇麻侑子/) ベスト16
1回戦:⑤-0 ジェスドン・ジョシェン/ホ・ジェウー(マレーシア)
2回戦:⑤-2 コ・ウンジ/キム・ドンフン(韓国)
3回戦:2-⑤ チャン・ユーウェイ/イェ・ショーハオ(中華台北)

2016年度戦績

ハイジャパ シングルス&ダブルス(本倉健太郎/)優勝
インターハイ個人優勝(本倉健太郎/)
・東京インドア優勝(本倉健太郎/)

「チーム最年少なので高校生らしく、プレッシャーを元気と明るさではね返して、金メダルを取れるように頑張ります」

選手紹介

「最年少は最年少らしく、思いきったプレーを!」と、日本代表としての初挑戦を楽しみにしている。2015年インターハイでは地元開催のプレッシャーの中、見事に個人優勝を遂げるなど肝が据わっている。小中高とすべてのカテゴリーで全日本優勝を果たしてきた「天才」前衛。「プレッシャーは元気と明るさではね返します!」と本人。大きな舞台ほど、期待したくなる男。

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社