TOPICS
大会
2016.11.21

【アジア選手権】泣いた、笑った、表彰式ドキュメント

11/21アジア選手権4日目最終日 決勝~表彰式

関連キーワード:
キャプテン長江光一のコールを待つ男子日本代表のメンバー

11月17~20日に行われた第8回アジア選手権(千葉県千葉市・フクダ電子ヒルスコート)。最終日の20日は国別対抗(団体戦・2複1単)が行われ、男女とも決勝は日本vs韓国のカードとなった。女子は0-②で韓国に敗れ銀メダル。男子は篠原秀典/小林幸司がダブルスで先勝して増田健人がシングルスでキム・ドンフンを下し、2大会連続の金メダルを獲得。決勝終了後から表彰式のドキュメント。

s-003_c01r6521

男子より一足先に女子国別対抗の決勝は終わった。金メダルは韓国

 

s-004_k16_0001

このアジア選手権で3度(ダブルス、シングルス、国別対抗)、キム・ドンフンと戦った増田健人。シングルス2勝、ダブルス1敗。国別対抗でドンフンにシングルスで勝利し、日本に金メダルをもたらした増田(右から2人目)を、篠原(右)ら国別メンバーがねぎらう

s-005_c01r6723

国別決勝、シングルスで登場し、増田健人に敗れたキム・ドンフンを迎える韓国メンバー

 

s-007_k16_0031

増田健人の勝者インタビュー。涙のちこの表情

s-008_c01r6901

女子ダブルス金メダルの中川瑞貴(左)/森原可奈(右)。ナガセケンコーと東芝姫路、若手とベテランと、所属も年齢も違う2人が、アジア選手権で最高のプレーを披露した

 

s-009_c01r6957

女子国別準決勝で日本に敗れ、3位のフィリピン。大きな国旗を持って表彰式に参加

 

s-011_k16_0406

アジア選手権でひときわ声援を浴びた船水颯人(左)、船水雄太(右)の船水兄弟

写真◎川口洋邦、福地和男

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社