TOPICS
大会
2017.01.15

【東京インドア】本倉/上松が「狙っていた」高校生初優勝

女子も初優勝・どんぐり北広島の高橋/半谷

関連キーワード:
決勝では水澤/長江の攻撃にひるまず応じた上松。「拾って拾って、いいラリーが続いた」

1月15日(日)、東京体育館にて『第57回東京インドア全日本ソフトテニス大会』が開催された。全日本レベルの大会でトップの成績を残した男女各8ペアが東のインドア最高峰を目指して争い、男子は本倉健太郎/上松俊貴(岡山理大附高)、女子は高橋乃綾/半谷美咲(どんぐり北広島)がいずれも初出場初優勝を果たした。本倉/上松は東京インドア史上初の高校生チャンピオンとなった。

男子のAブロックを全勝で突破した本倉/上松は、準決勝でBブロック2位の桂拓也/塩嵜弘騎(和歌山県庁)にファイナル勝利。決勝は、水澤悠太/長江光一(NTT西日本広島)のダブルフォワード相手にラリーの応酬で会場を沸かせ、G⑤-3。社会人を退けての堂々の戴冠となった。「高校生初優勝という記録を狙っていた。勝ちたい欲が強くて、冷静に自己コントロールできたのが勝因」と上松。アジア選手権ダブルス(船水颯人/)に続き、超高校級前衛が大人の世界のタイトルを獲得した。

女子は12月のYONEX CUP2016国際札幌大会を制した高橋乃綾/半谷美咲(どんぐり北広島)が、決勝で森田奈緒/神谷絵梨奈(ヨネックス)をG⑤-1で退けて頂点に立った。

s-HID_0095

男子優勝の本倉健太郎(右)/上松俊貴(左)

s-HID_0075

女子優勝の高橋乃綾(右)/半谷美咲(左)

s-HID_0030

入場時にパフォーマンスを披露するのが東京インドアの“お約束”。内本隆文(左)/丸山海斗は恋ダンス

【男子】
●準決勝
本倉健太郎/上松俊貴(岡山理大附高) G⑤-4
桂 拓也/塩嵜弘騎(和歌山県庁)

水澤悠太/長江光一(NTT西日本広島) G⑤-2
篠原秀典/小林幸司(日体桜友会/ミズノ)

●決勝
本倉健太郎/上松俊貴(岡山理大附高) G⑤-3
水澤悠太/長江光一(NTT西日本広島)
【女子】
●準決勝
森田奈緒/神谷絵梨奈(ヨネックス) G⑤-4
深澤昭恵/森原可奈(東芝姫路)

高橋乃綾/半谷美咲(どんぐり北広島) G⑤-2
林田リコ/宮下こころ(文大杉並高)

●決勝
高橋乃綾/半谷美咲(どんぐり北広島) G⑤-1
森田奈緒/神谷絵梨奈(ヨネックス)

文◎内田麻衣子 写真◎井出秀人

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社