TOPICS
大会
2017.03.10

3/11、12 あのキム・ドンフンも参戦! アジアカップひろしま開幕

第21回アジアカップひろしま国際ソフトテニス大会

関連キーワード:
左から韓国のキム・ドンフン、早稲田大Aの船水颯人、上松俊貴、NTT西日本広島の船水雄太

早稲田大に上松&内田の超高校級大型前衛

3月11日(土)、12日(日)に第21回アジアカップひろしま国際ソフトテニス大会が広島県広島市・広島翔洋テニスコート(旧広島中央庭球場)/リョーコーテニスクラブ他で行われる。

今年は海外から韓国、中華台北、インド、インドネシアが参加。韓国男子はソフトテニス界の“キング”ことキム・ドンフンが所属する順天〈スンチョン〉市庁が参戦する。2016アジア選手権で千葉を沸騰させたドンフンvs日本代表勢の熱戦が再び見られるか。韓国女子は同じく2016アジア選手権メンバーのキム・ヨンヘムン・ヘギョン(NH農協銀行)に注目だ。

3月は新チーム始動の時期、日本勢の新戦力をチェックしていこう。中華台北代表と同じヤマに入った早稲田大Aは、2016アジア選手権ダブルス&東京インドア優勝の上松俊貴(岡山理大附高)、U-20の内田理久(三重高)という超高校級前衛のルーキー2人がメンバー入り。大学ソフトテニス界の銀河系軍団はどんなペアリングを見せるのか。

早稲田大学A】
船水 颯人、安藤 優作、上松 俊貴、内田 理久、星野 慎平、内本 隆文、松本 倫旺

s-IDE_1940

上松俊貴(岡山理大附高→早稲田大)

その早稲田大でインカレV5を成し遂げた安藤圭祐は、今春、東邦ガスに加入。2017ナショナルチームの前衛は、早稲田大の先輩である小栗元貴とともにチームを牽引する存在になれるか。

【東邦ガス】
山田 航平、小栗 元貴、鶴見 和生、今井 快幸、鈴木 優作、坂口 亮太、大賀 絋平、安藤 圭祐

s-BBQ_1281

安藤圭祐(早稲田大→東邦ガス)

昨年はYことヤングチームが優勝したNTT西日本広島は、今年は単独チームでの参戦(NTT西日本広島OBチームも出場)。日本リーグで前人未到の7連覇を果たし、実業団最強の名にかけても、地元広島で絶対に負けられない戦いが待っている。

【NTT西日本広島】
岩﨑 圭、水澤 悠太、村上 雄人、船水 雄太、原 侑輝、長江 光一、林 大喜、丸中 大明

ヨネックス、どんきたが今年もワンツー候補

女子は日本リーグV&昨年優勝のヨネックスが今年も優勝候補の筆頭だ。新たにナショナルチーム後衛の貝瀬ほのか(和歌山信愛高)、U-20前衛の吉田栞里(昇陽高)を加え、充実した戦力を擁する。

【ヨネックス】
神谷 絵梨奈、黑木 瑠璃華、大井 樹来、貝瀬 ほのか、徳川 愛実、森田 奈緒、黒田 麻衣、吉田 栞里

貝瀬ほのか(和歌山信愛高→ヨネックス)

貝瀬ほのか(和歌山信愛高→ヨネックス)

昨年2位のどんぐり北広島は、インドア3冠を果たした高橋乃綾/半谷美咲が好調。クラブチームとして参加できる数少ない団体戦の一つであるアジアカップひろしまにかける思いは、強い。

【どんぐり北広島】
榎本 有花、黒木 愛実、半谷 美咲、田辺 恵理、小林 美咲、冨田 真愛、高橋 乃綾、三隅 はすは

第21回アジアカップひろしま国際ソフトテニス大会
2017年3月11日(土)、12日(日)
会場:広島翔洋テニスコート/リョーコーテニスクラブ他
広島市中区基町2-18 広島駅よりタクシー10分

会場に行けない方はUSTREAM観戦を。今年も生中継!

▼男子・女子組み合わせ

男子組み合わせ1男子組み合わせ2

女子組み合わせ1

文◎ソフトテニス・マガジン編集部

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社