TOPICS
大会
2017.05.25

【インハイ予選決勝リポート】愛知・男子は岡崎城西が豊川を破り優勝

【インハイ予選リポ2017】注目都道府県予選決勝・愛知/男子団体

関連キーワード:
昨年はインハイで初めて決勝に進出した岡崎城西、今年も夏の全国に名乗り!

インターハイは4年連続15回目の出場

◎決勝(男子団体)

岡崎城西 ②-0 豊川

愛知県インハイ予選・団体戦は5月21日、男女とも一宮市テニス場で行われ、男子は岡崎城西が優勝を果たし、4年連続15回目のインターハイ出場を決めている。

センバツ東海予選では4年ぶりに優勝、センバツでは8強。昨年インハイ準V校の岡崎城西

センバツ東海予選では4年ぶりに優勝、センバツでは8強。昨年インハイ準V校の岡崎城西

決勝の対戦は岡崎城西vs豊川という3年連続同カード。
準決勝で大同大大同を逆転勝ちで破った豊川は、その勢いに乗り、岡崎城西の牙城を崩すべく決勝に挑んだが、地力に勝る岡崎城西が柘植省吾/村瀬正二、高畑和真/鳥居俊文のペアで2-0のストレートで豊川を下して、今年も強さを見せた。

昨年インターハイ準優勝の岡崎城西だが、そのメンバーは残っておらず、総入れ替え。前年の経験はない中でも、「選抜など自信をつけるきっかけをその都度つかんできた」と、牧知秀監督は選手たちの成長に手ごたえを感じている。
先輩たちを超えるべく、熱い夏に挑む。

上位成績(男子団体)
①    岡崎城西
②    豊川
③    明和
③  大同大大同

愛知県男女速報はこちら

★この試合は、『ソフトテニス・マガジン8月号』に掲載予定(2017年6月27日発売。予定は変更の可能性があります)

★全国出場校写真名鑑、個人戦全出場者名は、7月22日(土)から発売の『ソフトテニス・マガジン9月号』の別冊付録に掲載予定

愛知県・女子リポートはこちら
そのほかの速報はこちら
続々決定! そのほかの予選決勝リポートはこちら

取材・文◎田辺由紀子 写真◎江見洋子 協力◎愛知県高体連専門部

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』