TOPICS
大会
2017.07.23

【インハイ】個人戦のみ出場の磐城桜が丘・佐藤/高橋「地元で、笑顔で楽しくプレーできた」

男子1日目個人戦:インターハイ2017◎7/22-29福島県会津若松市・会津総合運動公園テニスコート

関連キーワード:
地元福島の声援を受けて戦った磐城桜が丘の佐藤拓斗/高橋修平

大きな声で応援してくれて、感謝の気持ちでいっぱい

★今月は22日発売!★ ソフトテニス・マガジン9月号は7月22日(土)発売です
福島県会津若松市で開催されているインターハイ。団体戦には福島県から開催県として男女2校ずつが参加しているが、23日の男子個人戦には、団体戦に出場していない2校のペアが出場した。そのうちの一つが、磐城桜が丘の佐藤拓斗/高橋修平だ。

1回戦の相手は林昭道/片伯部譲一(宮崎・都城商業)。男女テニス部員の応援を受けた佐藤/高橋は第1Gを0で取ると、勢いのままにG3-1として勝利に近づいた。しかし、そこから反撃を受けると立て直せず、G3-④で逆転負け。悔しい逆転負けとなった2年生ペアに、地元インターハイを終えた思いを聞いた。

応援団とともに

佐藤拓斗/高橋修平(磐城桜が丘)コメント

――G3-1からの逆転負けとなりました。

佐藤「まくられて負けたのは悔しいです。でも、まず楽しくやることを目標にしていたので、最後まで笑ってプレーできました」

高橋「結果はどうあれ、楽しく地元でテニスすることができてよかったです」

――地元でのインターハイは、かなり前から意識していたと思います。どんな目標を立てていましたか。

佐藤「『2人で1本』を意識して、自分だけのプレーではなく、(高橋)修平と一緒にポイントを取ろうと思っていました」

高橋「とにかく笑顔で、楽しくテニスができればと思っていました。その先に結果がついてくると思っていたので、楽しくできたことはよかったです」

――男女の部員のほか、関係者の方から大きな声援が送られていました。

佐藤「あんなに大きな声を出して応援してくれて、感謝の気持ちでいっぱいです」

高橋「すごく心強かったです!」

――2人は2年生です。来年に向けて、この経験をどのように生かしていきたいですか。

佐藤「今回はインターハイに出ることが目標で、出ることはできましたが、勝つことはできませんでした。来年はインターハイで勝つことを目標に、県で優勝できるようなチームを作っていきたいです」

高橋「来年は、まずインターハイに出られるように、県で優勝できるような練習を日々積み重ねたい。今年の悔しさを来年リベンジできるように頑張りたいです」

磐城桜が丘の佐藤拓斗

磐城桜が丘の高橋修平

 

取材・文◎石倉利英 写真◎井出秀人、川口洋邦、石倉利英(集合写真)

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社