TOPICS
大会
2017.07.23

【インハイ】巻き返しへ、2日目に残った和歌山北・松山/熊本「明日もどんどんラケットを振っていく」

男子1日目個人戦:インターハイ2017◎7/22-29福島県会津若松市・会津総合運動公園テニスコート

関連キーワード:
個人戦3回戦を突破し、2日目残りを果たした和歌山北の松山新(左)/熊本脩吾

最後の1日を楽しめるように

★今月は22日発売!★ ソフトテニス・マガジン9月号は7月22日(土)発売です

福島県会津若松市で開催されているインターハイ男子個人戦。和歌山県の個人戦代表6ペアのうち、5組は和歌山北のペアだが、同校は25日の団体戦には出場できない。予選決勝で橋本に敗れ、昨年まで積み上げた連続出場が16年でストップしたためだ。

この個人戦は、伝統校の意地を見せる舞台であると同時に、巻き返しへのスタートでもあった。5ペアのうち唯一、3回戦を勝ち抜いて明日の2日目に駒を進めた、松山新/熊本脩吾に話を聞いた。

松山新

松山新/熊本脩吾(和歌山北)コメント

――個人戦で2勝を挙げ、3回戦を突破しました。

松山「1試合目は少し不安がありましたが、試合に入ってみたら楽しくて、楽しみがらプレーすることができました」

熊本「1試合目を終えて松山選手が『楽しくできた』と言ってくれたので、2試合目も楽しくプレーすることを意識しました」

――団体戦は昨年が16年連続24回目の出場でしたが、今年は出場権を逃しました。そのぶん、個人戦に懸ける思いは強かったのではないですか。

松山「インターハイ予選は団体戦が先に行われて、負けた次の日が個人戦でした。1~2ペアしか行けないかもしれないと思ったのですが、6ペア中5ペアが出場することができてよかったです」

熊本「インターハイには行けませんでしたが、近畿大会の団体戦は優勝する気持ちで臨みました、負けはしましたが、高田商業(奈良)と競った試合をすることができて、成長したと思いました」

――和歌山北のペアでは唯一、3回戦を勝ち抜きました。明日はどんな試合をしたいですか。

松山「明日は1試合目から攻めて、向かっていくテニスをしていきたいです。粘り強く、どんどんラケットを振っていきたいと思います」

熊本「最後の1日なので、楽しめるように頑張りたいです。簡単なミスをしないようにして頑張ります」

熊本脩吾

取材・文◎石倉利英 写真◎井出秀人、川口洋邦

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社