TOPICS
大会
2017.07.23

【インハイ】大会1日目終了!男子個人戦は有力ペアがいずれも順当に4回戦へ

男子1日目個人戦:インターハイ2017◎7/22-29福島県会津若松市・会津総合運動公園テニスコート

関連キーワード:
山形・羽黒の根本拓哉(写真)/齋藤龍二

羽黒(山形)の根本拓哉/齋藤龍二、4回戦へ

★今月は22日発売!★ ソフトテニス・マガジン9月号は7月22日(土)発売です

夏の高校日本一を決めるインターハイが福島県で開幕し、会津若松市の会津運動公園テニスコートを会場に、初日の23日は男子個人戦の3回戦までを消化した。

朝から蒸し暑く、日が差し込んだかと思えば、一転して強い雨が降るなど、天候は1日を通して不安定。中断こそなかったものの、雨が強い時間帯は特に、やりにくそうな選手たちの姿が目立った。

優勝候補に挙げられている有力ペアは、いずれも実力を発揮して勝ち上がった。昨年の個人戦準優勝で第1シードの山根稔平/根本大地(奈良・高田商業)は、初戦の2回戦を0で制して好スタートを切ると、3回戦では先行される展開を逆転で制して勝ち上がり。

6月のハイスクールジャパンカップ・ダブルス優勝で第2シードの上岡俊介/広岡宙(大阪・上宮)は、初戦の2回戦、3回戦とも0で勝ち上がる盤石のプレーを見せた。

昨年の団体優勝・東北(宮城)のペアでは、個人戦県予選優勝の2年生ペア、水木瑠/福田成海と、同じく2年生ペアの北野亮介/鈴木竜弥が、初戦の2回戦からの2試合を失ゲーム1でクリア。昨年の団体決勝で3番勝負を制した林民生/新沼舜大は、初戦の2回戦でG1-3とリードされる苦しい展開を逆転で物にすると、3回戦は1で勝ち上がった。

春の選抜2位の羽黒(山形)では、個人戦県予選優勝の根本拓哉/齋藤龍二が、2試合を失ゲーム1で4回戦進出。主将の村田優が齋藤大樹と組んだペアは、3回戦で武富敦史/豊川瑞(佐賀・鹿島)に0で敗れ、その他の2ペアも姿を消している。

初日は最大3試合、シードされたペアは2試合のみだったが、明日24日は4回戦から決勝まで、一気に6試合を消化することになる。各ペアのプレーぶり、ライバルとの直接対決はもちろん、そこまでにどれだけ負担の少ない勝ち上がりができるかも、日本一へのキーポイントになりそうだ。

★ 男子個人戦1日目の全結果は コチラ
★ 『会津総合運動公園テニスコートはこんなところ!』 は コチラ
★ インターハイ2017男子団体出場校名鑑はコチラ
★ インターハイ2017女子団体出場校名鑑はコチラ

取材・文◎石倉利英 写真◎井出秀人、川口洋邦

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社