TOPICS
大会
2017.08.03

【インハイを振り返る】「センバツに出ていない学校でベスト8、よく頑張った」(学法石川)、「最後は、よくやったなと」(尽誠学園)

インターハイ2017◎7/22-29福島県会津若松市・会津総合運動公園テニスコート

関連キーワード:

7月22~29日に福島県・会津若松市で開催されたインターハイのリポートは、8月26日(土)発売のソフトテニス・マガジン10月号に掲載します(Amazonで予約はコチラ)。現在鋭意作成中です、しばしお待ちください。

発売日まで待ちきれないという方に、誌面に載せきれないコメントと写真とともにインハイを振り返ります。本日は男子団体5位チーム。

高田商業(奈良)

羽黒との準々決勝、1ー②で惜敗となった。「本当に申し訳ないです。生徒たちはよく頑張ったと思います」(紙森隆弘監督)

高田商業は個人Vペアほか強力メンバーを擁し、オーダーも工夫しながら戦った

大分商業(大分)

全試合が三番勝負に。木更津総合との準々決勝は1-②で敗戦し、昨年の3位には届かなかったものの「去年を経験したメンバーが3人残り、2年連続入賞。よくやったと思います」と平原英和監督。「2、3回戦はエースが負ける中で勝ち上がれました。エースペアも準々決勝は持ち味を出して勝ち星を挙げ、選手個々は持っている力を十分に出せました」(平原監督)

短く刈り上げられた頭髪にハチマキがトレードマークの大商が今年も入賞!

※下記のチームは、すでに掲載した写真と別カットを公開します。

学法石川(福島)

上宮との準々決勝は0-②。「センバツに出ていない学校でベスト8に残れたというのは、よく頑張ったと思います。有名な選手のチームでもありませんし。大きかったのは最初の宇都宮短大附戦ですね。練習試合をやっている仲で、勝ったり負けたりというところで。強い学校なので、③-0は出来過ぎかなと思います」(近藤雅之監督)

地元インハイで5位を決めた学法石川、みんなでガッツポーズ!

尽誠学園(香川)

東北との準々決勝。1番の久乘/内海がG1-3からファイナルに巻き返し、⑦-3で勝利を収めた。しかし、競りあいながら3番勝負であと一歩、②-1で惜敗した。

「準々決勝は勝たないといけない試合でした。ああいう感じでやれるようになるのがもう1、2週間早ければ、狙いにいけた感じではありましたけど、最後はよくやったなと、うちらしい戦い方ができたなあと思います。特に久乘のところはG1-3で負けていて、巻き返してくれました。もうちょっとなんですけど、その“もうちょっと”が大きい気がします」(森博朗監督)

尽誠学園。全員がイエローをまとい、チーム尽誠の団結力とまとまりはさすが!

2017インターハイ特集はコチラ
2017インターハイ男子個人戦結果
2017インターハイ男子団体戦結果

取材・写真◎深作友子

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社