TOPICS
大会
2018.02.12

【日本リーグ入替戦】男子・トヨタ自動車が5シーズンぶりの日本リーグ復帰!

平成29年度日本リーグ入替戦◎2/10、11愛知県名古屋市露橋スポーツセンター

関連キーワード:
トヨタ自動車は2013年度の日本リーグで7位となり、入替戦で敗れて実業団リーグへ。2018年度は地元・愛知県豊田市のスカイホール豊田で開催される日本リーグに出場する。全日本U-20の瀬口翔太は単複で活躍した

男子・アキム、女子・太平洋工業、ベストが残留

『平成29年度ソフトテニス日本リーグ入替戦』が2月10日(土)、11日(日)に愛知県名古屋市・露橋スポーツセンターで行われ、男子のトヨタ自動車が2013年度以来、5シーズンぶりの日本リーグ復帰を勝ち取った。

男子は日本リーグ7位のアキム、同8位の厚木市役所、実業団リーグ1位のトヨタ自動車、同2位の東京ガスが参戦。トヨタ自動車が3戦全勝で日本リーグ行きを決め、2勝1敗のアキムが日本リーグ残留を果たした。

女子は日本リーグ7位の太平洋工業、同8位のベスト、実業団リーグ1位の城山観光ホテル、同2位のトヨタ自動車が入替戦に臨み、三つ巴となったが、太平洋工業とベストが得失ゲーム差で日本リーグ残留を決めた。

男子結果
1位:トヨタ自動車(実業団リーグ1位)  3勝⇒日本リーグ昇格
2位:アキム(日本リーグ7位)      2勝1敗⇒日本リーグ残留
3位:厚木市役所(日本リーグ8位)    1勝2敗⇒実業団リーグへ
4位:東京ガス(実業団リーグ2位)    3敗⇒実業団リーグ残留

女子結果
1位:太平洋工業(日本リーグ7位) 2勝1敗(+1)⇒日本リーグ残留
2位:ベスト(日本リーグ8位)   2勝1敗(±0)⇒日本リーグ残留
3位:トヨタ自動車(実業団リーグ2位) 2勝1敗(-1)⇒実業団リーグ残留
4位:城山観光ホテル(実業団リーグ1位)   3敗⇒実業団リーグ残留
※得失ゲーム差で順位決定

 


写真◎牛島寿人 協力◎愛知県ソフトテニス連盟

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社