DATA

1955 インターハイ 女子団体
第10回 宮城・仙台市 1955.7.30-8.4
優勝:広島女子商高校[広島](初優勝)

大会結果

大会上位校

優勝:広島女子商(広島)
準優勝:松本蟻ヶ崎(長野)
3位:大谷(大阪)、親和女子(兵庫)

決勝スコア

広島女子商(広島) ② — 1 松本蟻ヶ崎(長野)

準決勝①スコア

広島女子商(広島) ② — 0 大谷(大阪)

準決勝②スコア

松本蟻ヶ崎(長野) ② — 1 親和女子(兵庫)

出場校

旭川商(北海道)
中央(青森)
盛岡市立(岩手)
角田女子(宮城)
由利(秋田)
山形北(山形)
安積(福島)
土浦二(茨城)
宇都宮女子(栃木)
高崎女子(群馬)
松山女子(埼玉)
木更津二(千葉)
豊島(東京)
横須賀大津(神奈川)
吉田(山梨)
小千谷(新潟)
松本蟻ヶ崎(長野)
富山中部(富山)
七尾(石川)
鯖江(福井)
三島北(静岡)
岡崎北(愛知)
四日市(三重)
岐阜(岐阜)
大津東(滋賀)
日吉ケ丘(京都)
大谷(大阪)
親和女子(兵庫)
畝傍(奈良)
信愛女短附(和歌山)
向陽(和歌山)
米子西(鳥取)
津和野(島根)
総社(岡山)
広島女子(広島)
柳井(山口)
脇町(徳島)
丸亀(香川)
済美(愛媛)
八幡(福岡)
鹿島(佐賀)
島原(長崎)
南関(熊本)
中津北(大分)
国分(鹿児島)

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社