TOPICS
大会
2017.10.24

【全日本選手権】高校生女王・林田/宮下コメント「大会前から高校生での優勝をねらっていた。でも…全然信じられません」

第72回天皇賜杯・皇后賜杯全日本選手権大会◎10/20~23前橋総合運動公園テニスコート

関連キーワード:
林田リコ(左)/宮下こころ(右)

10月20(金)~23日(月)まで開催された『第72回天皇賜杯・皇后賜杯全日本選手権大会』で、高校生として67年ぶりの皇后杯優勝という快挙を成し遂げた林田リコ/宮下こころ(文大杉並高3年)。優勝を決めた直後の二人に、喜びの声を聞いた。

このペアでプレーできる時間を大事にしよう

――優勝おめでとうございます。いまの率直な気持ちを聞かせてください。

宮下 大会に入る前から、高校生での優勝をねらっていたので、達成できてよかったです。でも……全然信じられないです。

林田 67年前に高校生での優勝者がいらっしゃったそうですが、それ以降はないということなので、このペアで達成できてうれしいです。

――今大会には、どのような思いで臨んだのでしょうか。

宮下 『林田/宮下』として出る最後の大会になるかもしれないので、とにかく二人のプレーをやり切ろうと。苦しいときでも気持ちを前に出して、やり切れたと思います。

林田 このペアでプレーできる時間を大事にしようと、二人で話し合っていました。また今年は、高校生だからといって、この大会に出られるだけで満足せずに、もっと上を目指さないといけないと自覚して臨んだ大会でした。

――初日、2日目と雨の中での試合で、今日は強風でした。コンディションも難しかったのでは。

宮下 それは皆さん一緒なので、苦しいのは自分だけじゃない、相手も苦しいというのを考えながら、どこに打ったら相手にとって嫌なのか1本1本考えながらプレーするようにしました。

林田 初日、2日目は雨で本来の打つテニスが出せずにきつかったですね。今日は風があったのですが、足を動かせばしっかり打てたので、自分らしさが出せたかなと思います。


皇后杯の最終結果はこちら
天皇杯の最終結果はこちら

☆天皇賜杯・皇后賜杯全日本選手権大会のリポートはソフトテニス・マガジン1月号(11/27発売)に掲載します☆

取材・文◎田辺由紀子 写真◎井出秀人

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社