TOPICS
プレー&コラム
2017.12.20

【2月号チームフラッシュ】関西大の強さの秘密を探る

編集部こぼれ話 ソフトテニス・マガジン2月号(12/27発売)チラ見せ

関連キーワード:

2月号の企画で、大阪府吹田市にある関西大千里山キャンパスに行って来ました。迎えてくれたのは、元気いっぱい明るさ満点の女子部のみなさん。2016年インカレで史上初の準優勝に輝き、2017年インカレシングルスでは3年の田中純選手が優勝、そして皇后杯では3年の西岡真里華と1年の古田麻友のペアが8強に食い込むなど、今勢いのあるチームです。

関大の練習拠点は、阪急電鉄千里線の関大前駅からすぐの千里山キャンパスにある

関西大のモットーは文武両道。単位は絶対に落とさないと徹底し平日は2日練習できたらいいほうだそう。休日も3面のコートを男子と譲り合って使っています。さらに、テニスに使うお金は自分で払えるようにと、時間をやりくりしてアルバイトにも励んでいます。

限られた時間の中、着実に結果を残し始めている彼女たち。その強さの秘密は、テニスが好きだという一心にありました。来春加入予定の高校生もすでにチームに溶け込んでいて、ますます層の厚みを増す関西大。来季の活躍が楽しみです! 

 

練習は西岡キャプテンの指示でスムーズに進んでいく

撮影中のひとコマ。ムードメーカーの田中純選手がこっそりピース!

コートの隅にあるKANSAI UNIVERSITYのロゴがかっこいい!

 

写真◎佐藤真一 文◎井口さくら

★12/27(水)はぜひ書店へ(一部地域で発売日が異なります)

★アマゾンでの予約・購入はコチラから(別サイトへ飛びます)

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社