TOPICS
大会
2016.05.13

混戦模様の女子!次世代シングルス女王の誕生なるか!?

第23回 全日本シングルス選手権大会

全日本シングルス女子展望
昨年準優勝の平久保安純(早稲田大)/中学生からナショナルチーム入りし現在はU-17に所属する貝瀬ほのか(和歌山信愛高)

日本代表のエースであり昨年度の覇者でもある小林奈央(当時・早稲田大)の引退により、女子シングルスは混戦模様。
学生では、ナショナルチームメンバーの平久保、永井(早稲田大)、尾上(日体大)など学生界で名の知れたメンバーのほか、立教の中山、東女体の那須、松蔭の濱谷などもおもしろい。実業団ではヨネックスの森田、徳川、ナガセケンコーの中川、ダンロップの小谷、原野あたりが中心だろう。

平久保安純選手(早稲田大)

平久保安純選手(早稲田大)Photo©Katsuji Fujii


徳川愛美(YONEX)©Moe Sasaki

徳川愛美選手(YONEX)©Moe Sasaki


中川瑞貴選手(ナガセケンコー)

中川瑞貴選手選手(ナガセケンコー)©Moe Sasaki


小谷菜津美(ダンロップ)

小谷菜津美選手(ダンロップ)©Katsuji Fujii

他にも東芝の泉谷や、高校生ながら世界を見つめて努力を重ねる貝瀬、昨年度の高校生タイトルを総ナメにした日体大ルーキー笠井などの若手にも注目が集まる。

貝瀬ほのか(和歌山信愛高)

貝瀬ほのか選手(和歌山信愛高)Photo©Katsuji Fujii

シングルスの大会を、がっちりと狙ってくるか、あくまでもダブルスの亜流として取り組むかの違いは近年、こと女子においては選手によって差が大きいように感じる。しかし、狙っていることで体が硬くなることもあれば、肩の力を抜いて出たからこそいいプレーが出ることもある。
とくに日本代表への大きな足がかりとなる今大会。気まぐれな勝利の女神は、どんなドラマを生み、どんな次代シングルス女王を誕生させるのか?要注目の全日本シングルス女子、いよいよ幕があがる。

Q本かよ 写真◎Katsuji Fujii/Moe Sasaki

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社