TOPICS
大会
2018.05.28

開催県三重はアベックVの三重と男子は近大高専が初、女子は松阪商業が17年ぶり3回目のインハイへ

【インハイ予選速報2018】三重/5月25-27日 三重交通Gスポーツの杜鈴鹿テニスコート、伊勢市営テニスコート(女子個人)

関連キーワード:
女子優勝の三重。選抜Vチームはインターハイでも優勝候補

今年度のインターハイが開催される三重県では、5月25日(金)~27日(日)にインハイの開催地である三重交通Gスポーツの杜鈴鹿テニスコートなどで『三重県高校総体兼全国総体県予選』が行われた。

25、26日の個人戦では、男子・大谷/戸田(三重)、女子・竹田真/藤城(三重)が優勝。27日の団体戦では、男女とも三重が頂点に立ち、男子は37年連続40回目、女子は13年連続14回目の出場を決めた。男子2位の近大高専が初出場、女子2位の松阪商業が17年ぶり3回目の出場を果たしている。

【男子団体】
①三重
②近畿大高専 ※開催県
③木本
④いなべ総合学園

【女子団体】
①三重
②松阪商業 ※開催県
③津商業
③神戸

男子優勝の三重

男子2位の近大高専

女子2位の松阪商業が17年ぶり3回目のインハイへ


協力◎三重県高体連専門部

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社