TOPICS
大会
2018.06.03

【インハイ予選決勝リポート】宮城・女子は東北が7年連続7回目の出場!

【インハイ予選速報2018】宮城/6月2、3日 青葉山公園庭球場

関連キーワード:
女子団体優勝・東北の田村紘

3本柱が支え合って頂点へ

◎決勝(女子団体)

東北②-0築館

宮城県インターハイ予選(団体)は、6月2日(土)、3日(日)に仙台市青葉山公園庭球場で決勝が行われ、女子は東北が7年連続優勝を果たした。

決勝の相手は、準々決勝の3番勝負を制して勢いに乗り、準決勝を0で制した築館。1番の矢作舞彩/金綾乃は、築館のダブル後衛・星莉菜/佐藤亜美に振り回され苦しい展開に。一方、2面展開の2番は2年生ペアの田村紘/縄田愛実が得点を重ねていく。田村が緩急ある配球で揺さぶり、縄田が角度をつけたファーストサービスを決めて先勝した。

もつれる1番の隣で始まった3番では、東北の金キャプテンが「気持ちが強い」と信頼を寄せる小林世音/菊地捺央が序盤からペースを掌握。2人はそのまま思いきり良いパワフルなテニスを貫き、東北の優勝を決めた。

「2年生には、『3年生が決めるから緊張しなくていいよ』と、3年生には『優勝ばかりを考えずにに、今までやってきたことをしっかり出そう』と伝えました」とはキャプテンの金。2日間、3本柱が互いに支え合った東北がインハイ切符をつかんだ。

【女子団体】
①東北
②築館
③常盤木
③聖和

 

女子団体優勝・東北

女子団体2位・築館

女子団体3位・常盤木

女子団体3位・聖和

★この試合は、『ソフトテニス・マガジン8月号』でも掲載されます

(2018年6月27日発売・アマゾンでの予約はこちら

取材・文◎井口さくら 写真◎ヤマダヒカル

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社