TOPICS
大会
2018.06.04

【インハイ予選決勝リポート】岡山・男子は岡山理大附が快勝!

【インハイ予選速報2018】岡山/6月2、3日 倉敷市水島緑地福田公園テニスコート

関連キーワード:
準決勝ではG2−3から粘りを発揮して逆転勝ちを収めた岡山理大附の野田

もっと成長できる。選抜ベスト16の岡山理大附がインハイへ

◎決勝(男子団体)

岡山理大附 ②-0 倉敷南

岡山県インターハイ予選(団体)は6月3日(日)に倉敷市水島緑地福田公園テニスコートで決勝が行われ、男子は岡山理大附が4年連続の優勝を果たした。

2面展開で行われた倉敷南との決勝は、3年生の大将ペア、中村海斗/米澤宗哉が2番で茅野晶仁/平口大貴にG④-1で先勝。1番の野田空/友田速斗も丸山拓弥/難波滉介を2で破り、2-0の快勝で通算出場回数を28に伸ばした。

春の全国選抜では優勝を果たした東北とベスト16で対戦し、3番勝負に持ち込むなど可能性を示した。ただ、満足感からか、その後ややチーム作りが停滞した部分もあって、大橋元司監督の口からはこの日の優勝後も厳しい言葉が続いたが、「ここからはもう一度基本のチェック。そこができれば、もっと成長できると思います」とコメント。インターハイに向けて決意を新たにした。

◎上位成績(男子団体)
①岡山理大附
②倉敷南
③倉敷工
③岡山南

★この試合は、『ソフトテニス・マガジン8月号』でも掲載されます(2018年6月27日発売)

岡山・男子団体優勝の岡山理大附

岡山・男子団体準優勝の倉敷南

岡山・男子団体3位の倉敷工

岡山・男子団体3位の岡山南

取材・文◎直江光信 写真◎梅原沙織

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社