TOPICS
大会
2018.06.05

秋田インハイ予選、男子は能代松陽が2年連続8回目、女子は秋田西が2年ぶり6回目の優勝

【インハイ予選速報2018】秋田/6月2-4日秋田県立中央公園テニスコート

関連キーワード:
男子団体優勝の能代松陽

秋田県では、インハイ予選である『平成30年度全県高校総体』が、6月2日(土)~6月4日(月)に秋田県立中央公園テニスコートにて行われた。

2、3日の個人戦は、男子・佐藤大晴/岩間大輝(秋田北鷹)、女子・鎌田韻/工藤彩奈(横手城南)が頂点に。

3、4日の団体戦は、男子・能代松陽が2年連続8回目の優勝、女子・秋田西が2年ぶり6回目の優勝を果たし、インターハイ行きの切符を勝ち取っている。

【男子団体】
①能代松陽
②秋田北鷹
③大曲工
③大曲

【女子団体】
①秋田西
②秋田北
③能代松陽 ※東北代表
③横手城南

【男子個人】
①佐藤/岩間(秋田北鷹)
②西根/吉田(大館鳳鳴)
③伊藤/齊藤(能代松陽)
③田村/近藤(能代松陽)
⑤佐原/伊藤(大曲)
⑤猿田/片山(秋田)

【女子個人】
①鎌田/工藤(横手城南)
②茂木/菊地(秋田北)
③小茄子川/真崎(秋田和洋)
③高貝/北嶋(秋田北)
⑤石崎/本間(秋田和洋)
⑤秋元/加藤(秋田和洋)

女子団体優勝の秋田西


写真・協力◎秋田県高体連専門部

 

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社