TOPICS
大会
2018.07.23

【インハイ】三重交通Gスポーツの杜鈴鹿庭球場はこんなところ

インターハイ2018◎7/30-8/6三重県・三重交通Gスポーツの杜鈴鹿庭球場

関連キーワード:
昨年、アンダーの合宿が行われた三重交通G鈴鹿の杜庭球場

7月30日(月)~8月6日(月)に三重県鈴鹿市で行われるインターハイのソフトテニス競技。

ソフトテニスの盛んな三重県では、団体戦がスタートした1951年の第6回大会をはじめ、過去8回、インターハイが開催されているが、鈴鹿市で行われるのは初めて。

会場の三重交通Gスポーツの杜鈴鹿庭球場は、どんなところなのか? インハイ観戦に役立つ情報を三重県高体連委員長の淺井裕司さんに聞いた。

仮設スタンドを設置、無料シャトルバスも

――コートは全部で何面?

砂入り人工芝コート16面と、個人戦決勝はセンターコートで行います。センターコートは1,648席あり、ナイターにも対応できます。

――観戦する場所は?

16面のコートには常設の観客席がないため、仮設スタンドを設置します。16面が4ブロックずつに分かれているのですが、仮設スタンドは各ブロックの南側に。北側には3人掛けのベンチを2列並べる予定です。

――鈴鹿市の気候の特徴は?

風が吹いたり、雨が降りやすいというのは特になく、三重県の標準的な夏の暑さだと思います。

※大会中は連日30度超えの予報なので、熱中症に十分な注意を。

――鈴鹿と言えば、鈴鹿サーキットが有名です。

鈴鹿はモータースポーツの町ですね。今回のインターハイでは、鈴鹿サーキットが全面協力してくれて、出場選手の皆さんだけでなく、どなたでも利用できる特典もありますので、ご期待ください。

鈴鹿サーキットには遊園地(ゆうえんちモートピア)があり、会場からサーキット行きの無料シャトルバスも出ていますので、お時間があれば。

――会場へのアクセスは?

近鉄名古屋線の白子(「しろこ」と読む)駅から無料のシャトルバスが出ているので、そちらを利用してください。所要時間は約25分で、会場の中まで入ってくることができます。観戦者なら誰でも利用できます。

コミュニティバスも走っていますが、会場には一番近いバス停からでも徒歩15分はかかるので、シャトルバスを。多い時間帯にはおよそ30分~40分に一本出ています。

>白子駅無料シャトルバス乗り場
>無料シャトルバス時刻表

――車で来場する場合は?

会場内の一般駐車場は約400台収容できます(8/2、8/6は一部使用不可)。そこがいっぱいになったら、八野町臨時駐車場を利用してください。少し距離はあるのですが、八野町臨時駐車場から会場までは無料のシャトルバスを運行しています。

――今年も開会式と表彰式は。

昨年同様、体育館で行います。

――観戦に訪れる方へ。

会場の隣にはスポーツマンハウス鈴鹿という施設があり、天然温泉(天名乃湯)に日帰りで入ることができます。スポーツマンハウスにはレストランもありますが、期間中はすぐにいっぱいになってしまう可能性も。会場の周囲に商業施設がないので、何か対策は考えていますが、ご注意ください。


取材・文◎ソフトテニス・マガジン編集部 写真◎BBM

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社