TOPICS
大会
2018.08.08

【インカレ速報】早稲田男子が準々決勝で日体大に敗れ、7連覇の夢叶わず

大学対抗2日目:インカレ2018◎8/7-8/11岡山県・浦安総合公園テニスコート、岡山県総合グラウンド南テニスコート、岡山県備前テニスセンター

関連キーワード:
早稲田大を破った日体大の橋本旭陽(左)/星野雄慈※写真は準決勝

8月7日(火)から8月11日(土)にかけて、インカレが岡山県で開催されている。男女大学対抗2日目の8月8日は準々決勝から開始。試合方式はせんめつ戦で、各コートで熱戦が繰り広げられている。

早稲田男子は7連覇ならず

 昨年まで6連覇を成し遂げ、今年は東京女子体育大の持つ最長記録7連覇(2003〜2009年)に挑戦していた早稲田大が、準々決勝で日本体育大に敗れた。

 早稲田大は1番の船水颯人/上松俊貴が橋本旭陽/星野雄慈にG1ー④で敗れ、2番の長尾景陽/松本倫旺がG④―2で河野斗夢/山本貴大を下すも、3番の安藤優作/内田理久もファイナル5ー⑦で原口峻一/川上史弥に敗れる。

 2次戦では長尾/松本がダブルフォワードの橋本/星野にファイナル2ー⑦で屈し、早稲田大が姿を消した。

写真◎矢野寿明

文◎ソフトテニス・マガジン編集部

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社