TOPICS
大会
2018.08.29

アジア大会シングルスで高橋乃綾が金メダル。日本女子史上初の快挙!

2日目シングルス:第18回アジア競技大会2018◎8/28-9/1インドネシア・パレンバン

関連キーワード:
表彰式を終えて。直後は「金メダルに実感がわかない」と話した

 アジア大会のソフトテニス競技は8月29日、パレンバンのJSCテニスコートで大会2日目に入った。男女シングルスの準々決勝から始まり、日本は高橋乃綾が日本女子史上初のシングルス金メダルを獲得。長江光一、尾上胡桃はそれぞれキム・ドンフン(韓国)、鄭竹玲(中華台北)に敗れて、シングルス8強で終えた。

 高橋の準々決勝の相手は韓国のエース、キム・ジヨン。高橋は韓国にはあまりいないサウスポーに加え、得意のカットサービスでジヨンに主導権を握らせない。日本女子の斎藤広宣監督は、「正直、ジヨン戦は厳しいかなと思っていましたが、あそこで韓国のエースを倒したのは大きかった」と振り返る。本人は、「実は初対戦ではなく、北広島カップでも勝っていました。その時のイメージを持って戦えた。サーフェスも自分のカットサービスと相性が良かった」と冷静だった。

準決勝ではYU YUANYI(中国)をストレートで破り決勝進出すると、決勝の相手は尾上を破った鄭竹玲との対戦に。G3-2として迎えたゲームを自らのミスが絡んで落とす嫌な流れだったが、「G3-2として勝ちたい気持ちが出て、逆にビビってしまった。そこで応援席から“振りきれ”という声が聞こえたのですが、自分もそうすべきだと思いました。ファイナルは負けていないので自信はありました」と高橋。

 アジア大会の女子シングルスで決勝戦に進出したのは初だったが、それどころか金メダルを獲得した。「まだ実感はないです。金メダルはすごいことだと思います。チームでやってきたことを、そのまま大会でやれたことが勝因です」と高橋。

 尾上、高橋が日本として最大の目標である韓国勢を倒して、好スタートをきったシングルス。この流れを大切にして、ミックスダブルス、団体戦へと向かう。

日本選手団と勝利を喜ぶ。左は斎藤監督

優勝のボードとともに日の丸を初めて背負う

文◎福田達 写真◎小山真司

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社