TOPICS
インフォ
2018.11.30

誰でも参加できる『みんなのソフトテニス教室』、次回は12月22日に開催!

初の地域密着型ソフトテニスクラブのどんぐり北広島が、ソフトテニス教室をスタート

関連キーワード:
誰もが参加でき、初心者大歓迎の教室は、1日でソフトテニスの楽しさの一端を共有することを目指す

金メダリストらによるワンコインレッスン!

 初の地域密着型ソフトテニスクラブのどんぐり北広島が教えるソフトテニス教室が11月から始まった。これは、年齢や障がいの有無に関わらず、皆が参加できる教室だ。もちろん、初心者大歓迎で、1日でソフトテニスの楽しさの一端を共有しようというもの。夏のアジア競技大会に日本代表の高橋乃綾と半谷美咲が出場し、3つの金メダルを持ち帰ったチームが、体験型教室を3シリーズに分けて、笑いある楽しい雰囲気を演出してくれる。

「まったくソフトテニスをしたことのない子供たちが来てくれて、金メダリストに教えてもらえる。そういう喜びを感じてもらえたと思います」と話すのは、どんぐり財団専務理事の関口昌和氏。

 今回の教室の目的は、競技の普及だけでなく、障がいを持つ人にソフトテニスは楽しいと感じてもらい、そのツールを使って社会に出やすい環境作りだ。教える側の選手たちも専門家を呼んで勉強を始めている。

「選手たち側も、幅広く指導できることで、セカンドキャリアとして生きてくる」(関口氏)

 今回のシリーズが第一歩であるが、ソフトテニスの実力を磨くだけでなく、幅広い人材育成にも挑戦していく。12月は22日(土)、23日(日)に予定されている。

写真◎どんぐり北広島

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社