TOPICS
大会
2019.03.27

【選抜】東北はフレッシュなメンバーで連覇なるか、夏王者の高田商業は戦力充実~男子プレビュー

第44回全日本高校選抜大会◎3/28-30愛知県・スカイホール豊田

左上から時計回りに、高田商業の池口と矢野、尽誠学園の米川/石川、羽黒の澤田、東北の北野

 いよいよ明日、『第44回全日本高校選抜ソフトテニス大会』が愛知県豊田市・スカイホール豊田で開幕する。2019年3月28日(木) ~ 30日(土)の3日間、男子36校の頂点に立つのは? 男子のプレビューをお届け。

第44回全日本高校選抜大会
3/28(木) 9:50~ 1、2回戦
3/29(金) 9:20~ 2、3回戦
3/30(土) 9:20~ 4回戦、準決勝、決勝

愛知県豊田市・スカイホール豊田
愛知県豊田市八幡町1-20(名鉄三河線「豊田市」駅より徒歩15分)

男子プレビュー

 昨年覇者の東北は代替わりし、フレッシュなメンバーで臨むことに。ただ今年も選手層は厚く、アゼリアカップではインハイ個人16強の白鳥/星、北野/岡安龍、佐藤/竹谷という1年生を2人起用した布陣で準優勝を果たした。

 東北予選でその東北を破り、3連覇を成し遂げたのが羽黒だ。インターハイでは2年連続決勝に駒を進め、2年の澤田/荒木は選抜、インハイで経験値を積んでいるのも得がたい。右のヤマは東北の2強が牽引しそうだ。

 中国1位でアゼリアでは3位に入った岡山理大附、北海道1位のとわの森三愛、関東予選3連覇でU-17の山下を擁する木更津総合らが対抗馬として立ちはだかるだろう。

 左のヤマには西の強豪が固まった。第1シードはインハイ2冠の高田商業。アゼリアでは主力がインフルエンザで欠場し、まさかの8強に終わったが、近畿予選4連覇、個人8強を独占、U-17を5人擁するなど、戦力は群を抜いている。夏の王者として挑まれる立場だが、キャプテンの池口は「挑戦者として」戦うと慢心はない。

 左上のヤマでは、地元インハイを控える九州1位の都城商業が手ごわい存在だ。ジュニアジャパンカップ単Vで田中がU-17に選出されるなど、強化の成果が実を結んでいる。

 左下のヤマは、四国1位、アゼリアと私学選抜連勝の尽誠学園、昨年選抜準優勝の上宮がリードするか。尽誠学園のキャプテンでU-17の白川は「歴史に残る大勝負をしたい」と気迫がみなぎっている。上宮は、インハイを戦った2年の山中、1年の大村が心強く、主将の坊は「昨年の先輩より良い成績を」と一点、優勝を見据える。東海1位の岡崎城西、2年ぶりに全国の舞台に立った北信越1位の能登と、巧者がそろった。

 平成最後の歴史に残る大会、初出場の旭川実業、長野俊英、明徳義塾にも注目が集まる。

28日(木)対戦カード
●1回戦
新田×熊本工
長野俊英×高崎商
神辺旭×学法石川
美濃加茂×和歌山北

●2回戦
三重×旭川実
霞ヶ浦×都城商
尽誠学園×駒大
鹿児島商×宇都宮短大附
岡崎城西×東福岡
秋田北鷹×能登
大同大大同×岡山理大附
文徳×市尼崎
大牟田×とわの森三愛
松江工×明徳義塾
木更津総合×高岡商

全日本高校選抜2019男子出場校名鑑
全日本高校選抜2019女子出場校名鑑


写真◎大賀章好、山田次郎 協力◎全国高体連ソフトテニス専門部 文◎編集部

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社