TOPICS
大会
2019.03.29

【高校選抜】初出場で初勝利の千葉黎明「全国の舞台にまた来られるように」原田キャプテン

第44回全日本高校選抜大会◎3/28-30愛知県豊田市・スカイホール豊田

関連キーワード:
インハイ出場は過去にもあったが、選抜は今回が初出場となった千葉黎明。貴重な経験を積んだ

 全日本高校選抜大会初出場を果たした千葉黎明(千葉)。初出場同士の対戦となった聖カタリナ学園(愛媛)との初戦(2回戦)を②−1で制して初勝利を挙げ、3回戦では前年度優勝校で第1シードの三重(三重)と対峙するなど(0−②で敗戦)、多くの経験と収穫を手にする大会となった。

 原田安奈キャプテンは、「吸収できるものがたくさんあった」と初めての舞台を振り返った。

うれしかったです。最高でした

――選抜大会初出場の感想を教えてください。

 緊張もあったんですけど、自分のやることはできたと思います。ただ打つだけじゃなくロブを使ったり、相手が嫌がることを考えて打つことができました。

――初めての舞台でやはり緊張はあった。

 ありました。ちょっと手が震えたり。

――初出場で、かつ勝利も得られたことは、大きな意味があると思います。

 先生方やサポートしてくださった方々に感謝して、このチームのメンバーがいたから勝てたと思うので、よかったです。

――聖カタリナ戦は1番で敗れたところから、2番で原田キャプテンのペアが勝利して流れを変えました。

 しっかり練習してきたし、絶対に負けたくなかったので、全力でひっくり返そうという気持ちで戦いました。(勝った瞬間は)うれしかったです。最高でした。

――3回戦で前年度優勝校の三重と戦ったことも、チームにとって貴重な財産になる。

 全国の舞台の舞台でそういう相手と戦えたのは大きいと思います。吸収できるものがたくさんあったので、次に活かしたいです。

――三重高の印象は。

 強かったです。自分たちにはできないものを持っていて、流れを変える1本とか、決めのボールをしっかり決めるところが参考になりました。

――県内にも昭和学院など強いライバルがいます。今回の経験を、夏に向けてどう活かしていきたいですか。

 絶対に負けません。この経験を活かして、全国の舞台にまた来られるようにがんばります。

――今大会の一番の収穫を教えてください。

 コート内だけではなく、こうした遠征自体から学べることもあると思うので、こういう経験をしたからこそ感謝して、みんなで戦っていきたいと思います。


取材・文・写真◎直江光信

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社