TOPICS
大会
2019.04.25

世界選手権予選会の出場選手および組み合わせ発表、船水/上松が第1シード

第16回世界選手権大会日本代表予選会◎5/5,6四日市テニスセンター

関連キーワード:
船水颯人/上松俊貴(ヨネックス/早稲田大)

 5月5日(日)、6日(月)に三重県四日市市・四日市テニスセンター(ハードコート)で行われる第16回世界選手権大会日本代表予選会の出場選手および組み合わせが発表された。男女の優勝ペアが10月25日から中国・台州で行われる世界選手権へ。5月18、19日の全日本シングルスで優勝した男女各1名が自動的に代表入りし、残り3名は推薦で決まる。

新ペアか熟練ペアか

 ソフトテニス界初のプロプレーヤーとして注目を集める船水颯人はヨネックスとの契約を発表してから初の公式戦。早稲田大で組んでいた上松俊貴と第1シードに入った。

 今季からの新たなペアリング&再結成組では、船水雄太/広岡宙(NTT西日本)、安藤優作/安藤圭祐(東京ガス/東邦ガス)、内本隆文/内田理久(早稲田大)らが注目を集める。

  ペアとしての完成度を高めて臨む、増田健人/九島一馬(和歌山県庁/ミズノ)、丸中大明/長江光一(NTT西日本)、林田和樹/柴田章平(ヨネックス)、中本圭哉/鈴木琢巳(福井県庁)らも各ブロックをリードしそうだ。

船水雄太/広岡宙(NTT西日本)。広岡が天皇杯で組んだ村田匠は新加入の林湧太郎との高田商業先輩後輩ペアで出場

インカレダブルス優勝経験もある安藤優作/安藤圭祐(東京ガス/東邦ガス)の兄弟ペアが復活

ナショナルペアの内本隆文/内田理久(早稲田大)

インドア最強の林田和樹/柴田章平(ヨネックス)はハードコートのサーフェスでも加速するだろう

やはりハードコートで力を発揮するダブルフォワード、中本圭哉/鈴木琢巳(福井県庁)

林田、宮下は別ペアと

 女子は皇后杯Vの林田リコ(東京女子体育大)と宮下こころ(明治大)が3月末にペアを解散し、それぞれ同じ所属の島津佳那、木瀬晶絵と出場する。今大会、アジア大会の日本代表ペアは高橋乃綾/半谷美咲(どんぐり北広島)のみ。尾上胡桃(日体桜友会)は今春日体大からヨネックスに加入した井田真季と、黑木瑠璃華はやはり日本代表経験のある徳川愛実(ともにヨネックス)とのペアで参戦する。

シングルスで行われた昨年度アジア大会予選会を制した林田リコ(東京女子体育大)。ダブルスで連覇なるか

第1シードは皇后杯準Vの志牟田智美/泉谷朋香(東芝姫路)

アジア大会の金メダリストである高橋乃綾/半谷美咲(どんぐり北広島)。このサーフェスを最も得意とするペア

本命の一角を占める黑木瑠璃華/徳川愛実(ヨネックス)

出場選手および組み合わせは日本ソフトテニス連盟のHPへ。

男子組み合わせ
女子組み合わせ

写真◎川口洋邦、井出秀人 文◎ソフトテニス・マガジン編集部

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社