TOPICS
大会
2019.05.19

林田リコが初の全日本シングルス女王に「狙っていたのでうれしい」

第26回全日本シングルス選手権◎5/18,19長崎市総合運動公園かきどまり庭球場

関連キーワード:
全日本シングルスは初優勝の林田リコ

 5月18日(土)から長崎県・長崎市総合運動公園かきどまり庭球場で開催されていた『第26回全日本シングルス選手権大会』。19日に大会最終日を迎えて、男女ともに3回戦から決勝戦までが行われた。その結果、女子は林田リコ(東京女子体育大学)が初の栄冠を獲得している。

「苦しかったけど、準々決勝で吹っきれた」(林田)

 2週間前の世界選手権代表予選会で優勝し、すでに世界選手権代表の座を射止めている林田リコ(東京女子体育大学)が、苦しみながらではあったが今大会も強さを発揮した。

 ナショナルメンバー同士の対戦となった黑木瑠璃華(ヨネックス)との8本決めをG④-2で勝利するなど、順当に勝ち上がった林田だが「今大会は全体的に緊張していた」と自身が納得するようなプレーができずにいた。しかし、ベスト4を掛けた田辺恵理(どんぐり北広島)との準々決勝、「苦しかったんですけど、準々決勝でファイナルデュースまでもつれたゲームをやってそこで吹っきれた」と林田。

 準決勝、本来の思いきりよく打ち込む形が戻り始めた林田は、ナショナルメンバーの半谷美咲(どんぐり北広島)や貝瀬ほのか(ヨネックス)などの難敵を連破して勝ち上がって来た加奈乃佳(城山ホテル鹿児島)を1で退けて決勝進出。そして、決勝は昨年の覇者である尾上胡桃(日体桜友会)とのファイナル勝負を制するなど勢いのあるU-20の早川日向(ナガセケンコー)に対しても1で勝利。「最後は力の差があったので悔しい」とは早川。

 一方で、林田は「全日本シングルスは優勝したことがなく、去年はケガで出られなかった。今回は優勝を狙っていたのでうれしいです」と苦しんだ先の栄冠獲得にホッとしたような笑みを見せた。

▼女子決勝
林田リコ(東京女子体育大)④―1早川日向(ナガセケンコー)

女子

優勝:林田リコ(東京女子体育大)※世界選手権日本代表内定済み
2位:早川日向(ナガセケンコー)
3位:笠井佑樹(日本体育大)、加 奈乃佳(城山ホテル鹿児島)

準優勝:早川日向(ナガセケンコー)


取材・文◎吉井信行 写真◎太田裕史

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社