TOPICS
大会
2019.06.10

北海道インハイ予選、男子・北海道科学大が2年ぶり、女子・札幌龍谷学園は7年連続優勝

【インハイ予選速報2019】北海道/6月5日~7日 帯広の森テニスコート

男子優勝の北海道科学大

 令和最初のインターハイは宮崎県宮崎市の生目の杜運動公園で開催(男子は7月25~28日、女子は7月29日~8月1日)。各地で予選の熱戦が繰り広げられている。

 6月5、6日の個人戦は、男子・吉根睦朗/重森康夫(とわの森三愛)、女子・岡本蒼生/髙橋夏香(札幌龍谷学園)が頂点に立った。

 6日、7日の団体戦は、男子決勝・北海道科学大がとわの森三愛を②-1で破り、2年ぶり40回目の優勝を果たした。女子は札幌龍谷学園が7年連続35回目のインハイ出場を決めている。

【男子団体】
①北海道科学大
②とわの森三愛
③旭川明成
③旭川実業

【女子団体】
①札幌龍谷学園
②とわの森三愛
③旭川実業
③札幌大谷

【男子個人】
①吉根 睦朗/重森 康夫(とわの森三愛)
②増田洋五豊/蝦名 海飛(北海道科学大)
③岩城 爽太/中路 昂平(北海道科学大)
③関  陸斗/新谷 涼馬(北海道科学大)
⑤磯部  心/岡崎  舜(とわの森三愛)
⑤加藤 亮平/鈴木 爽太(とわの森三愛)
⑤後藤 駿斗/新山 海人(北海道科学大)
⑤高野 光翔/後藤  柊(とわの森三愛)

【女子個人】
①岡本 蒼生/髙橋 夏香(札幌龍谷学園)
②下國ひなた/黒沢美奈実(札幌龍谷学園)
③山上  楓/増田 はな(とわの森三愛)
③松田 望未/大井 珠莉(札幌龍谷学園)
⑤佐藤 結香/荒木 まや(苫小牧東)
⑤五井  瞳/川村 絵理(札幌大谷)
⑤後藤 伊吹/竹田  葵(北海道科学大)
⑤入谷なごみ/三浦ひかる(札幌龍谷学園)

女子優勝の札幌龍谷学園


協力◎北海道高体連ソフトテニス専門部・佐藤淳爾氏

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社