TOPICS
大会
2019.07.27

【インハイ】3年目でつかんだ2日目切符・今岡純也/日野坪雄大(出雲北陵)「島根のメンバーと励まし合った」

男子個人戦(4回戦~決勝):インターハイ2019◎7/25-8/1宮﨑県・生目の杜運動公園テニスコート

関連キーワード:
3年連続出場となった今岡(左)/日野坪

 7月25日(水)から8月1日(木)にかけて、ソフトテニスのインターハイが宮崎県宮﨑市の生目の杜運動公園テニスコートで開催されている。316組がエントリーした男子の個人戦は27日、2日目に入った。

第1シードに食らいつく

 2日間で争われる個人戦で、3回戦までを消化する1日目を勝ち抜いて2日目に残るのは、多くのペアにとって目標の一つ。同一ペアで個人戦3年連続出場となった今岡純也/日野坪雄大は、1日目に2勝を挙げ、初めて2日目への切符を勝ち取った。

 2日目の初戦は第1シードの山本大陸/池口李将(奈良・高田商業)。第1Gを奪われたものの、第2Gを取り返し、1日目は2試合とも0勝利だったペアから今大会初めて1ゲームを奪った。その後に振り切られてG1-④で敗れたものの、『三度目の正直』で目標の場所にたどり着いた2人に試合後、話を聞いた。

感謝の気持ちを忘れない(今岡)

――2日目の初戦、第1シードのペアに敗れました。

今岡 昨日の試合がいい感じでできたので、そのままの流れでいこうと思っていましたが、今日最初の試合ということもあって、あまり力を出せませんでした。昨日のようなプレーを出せていれば、もう少し競り合えたのではないかと思います。

日野坪 昨日の試合では、しっかり今岡の配球に合わせて、自分も絡んでいけたのですが、今日は相手が第1シードということもあって正直、名前負けしていた面があって。深く考えすぎてしまい、足を止めてしまったりしていました。

――団体戦には出場しないぶん、個人戦に懸ける思いは強かったと思います。どんな準備をしてきましたか?

今岡 中国大会ではベスト32で負けて、納得のいかない結果になってしまいました。そこからインハイでは頑張ろうと思って練習してきた結果、2日目に残ることができました。

日野坪 2日目に残ることが目標で、大会前は苦手な部分があって、不安でした。でも苦手な部分よりも、得意なプレーを伸ばして、少しでも自信をつけようと思って練習してきました。

――このペアで、インハイは3年連続出場ですね。

今岡 1年生のときはノープレッシャーで戦って、1勝することができました。でも2年生のときは、いろいろプレッシャーもあって実力を発揮できず、初戦で負けてしまって。ただ、少しずつインハイの雰囲気に慣れてきました。

日野坪 経験を生かすことができたと思います。島根県のメンバーと、みんなで上を狙っていこうと励まし合っていました。

――応援の方もたくさん来ていましたね。

今岡 はい。支えてもらいました。感謝の気持ちを忘れてはいけないと思います。

――やりきれましたか?

今岡・日野坪 やりきれました!

佐々木雄志監督の指示を聞く

今岡純也

日野坪雄大

戦い終えて笑顔の2人

取材・文・写真◎石倉利英 写真◎川口洋邦(プレー)

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社