TOPICS
大会
2019.07.31

【インハイ】コンスタントに力を出した箱崎愁里/中林優花(清水ヶ丘)「もっと上にいきたかった」

女子個人戦(3回戦~決勝):インターハイ2019◎7/25-8/1宮崎県・生目の杜運動公園テニスコート

関連キーワード:
後衛の箱崎(左)と前衛の中林

 7月25日(水)から8月1日(木)にかけて、ソフトテニスのインターハイが宮崎県宮﨑市の生目の杜運動公園テニスコートで開催されている。30日から女子322組がエントリーした個人戦が始まり、31日には決勝まで行われる。

 シード勢が続々と姿を消す女子個人2日目。準々決勝で第2シードの木原姉妹(高田商業)に挑戦したのは清水ヶ丘の箱崎愁里/中林優花。途中まで競りながら、惜しいポイントでミスが出てベスト8に終わったが、暑さにも負けない体力や精神力を見せてくれた。

 広島県は修大附ひろしま協創、広島翔洋など強豪揃いで、団体戦は出場できなかったが、インターハイ個人戦では県内最上位で終えた。どんな時も全力で戦い抜いた箱崎/中林に通用したこと、学んだことなどを聞いた。

 

受け身にならない(箱崎)

――最後は惜しい試合でしたが、ベスト8です。

箱崎 まだまだ上を目指していたの悔しさのほうが大きいです。

中林 練習でやってきたことと違うことをしてしまったプレーがあり、そこは悔いが残ります。出るのか、守るのか、メリハリがつけられませんでした。

――箱崎さんは強気に攻めていた時間帯も多かったと思います。

箱崎 いつも上に上がるにつれて、受け身になる癖があるので、今日は自分から攻めていこうと思っていました。

――インターハイの個人戦はいつも過酷だと思いますが、何が良かったですか。

箱崎 思いきってできた部分もありますが、まだ足りなかったので、これからの練習で補っていきたいです。暑さもありますが、普段もやっているので、そこは問題なかったと思います。

中林 1本1本に集中してできた部分だと思います。

――インターハイでは、これまで対戦したことのないペアとも戦うと思いますが、何が必要ですか。

中林 向かっていくことです。

箱崎 向かっていくことは、練習でいつも教えていただいていることです。自分たちが押されている時や、ゲームを先にとられた時などに、ロビングでつなげようとしてしまうことがあります。今日は自分ができなかったことをやろう。悪い癖を出さないようしました。

――広島県は周囲の高校も強いですが、団体戦はどうでしたか。

箱崎 県総体も絶対に勝ちたかったですが、なかなか倒せない相手がいます。そこでは悔しい思いをしたのですが、後輩たちが思いきってできるようにつなげていければと思います。

――個人戦では両校よりも上の成績です。

中林 それはうれしいですが、もっと上にいきたかったです。

思いきりのいい深いストロークを打ち続けた箱崎

集中することを大切にした中林

取材◎福田達 写真◎井出秀人

 

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社