TOPICS
大会
2019.08.01

【インハイ】今後に期待を持たせる内容の脇町。「来年はもっと上に」下川美波/渡邊祐芽

女子団体戦:インターハイ2019◎7/25-8/1宮崎県・生目の杜運動公園テニスコート

関連キーワード:
個人戦では違うペアだったが、団体戦は下川/渡邊に。お互いに、また違った側面が引き出された

 7月25日(水)から8月1日(木)にかけて、ソフトテニスのインターハイが宮崎県宮﨑市の生目の杜運動公園テニスコートで開催されている。8月1日の最終日は女子団体戦が始まっている。

 決して簡単なドローではなかった。初戦は個人戦3位の木原姉妹のいる高田商業。その試合を②-1で勝利すると、北越にも②-1で競り勝ち、3回戦に進出した。最後は東北に0-②で敗退したが、1、2年生が経験を積んで、今後に期待が持てる内容。大森久義監督は「やっと北越に勝てましたが、最後は(東北戦)もう少しできたはずです」と振り返った。

 特に、2年生の下川美波/渡邊祐芽はファイナルに持ち込みそうになったが、ミスもあって惜しい試合を落とした。下川は「個人戦と雰囲気が違い、応援で後押しされることもありました」と振り返る。「うまくいかないこともあったので、これからに生かしたいです」と話すのは渡邊。

 2人はオールラウンダーで、ダブル後衛、ダブルフォワードなどを場面に応じてフォーメーションを駆使して戦う。大森監督は、「全国で強豪チームに勝つにはいろんなことをやっていかないといけない」と話す。難しい選択肢かもしれないが、それだけ期待されているからだろう。

 今回の団体戦で、3年生の園木麗奈主将が北越戦後、熱中症でベンチ入りできなくなった。下川は「3年生が最後なので、そのためにも頑張れたし、勝ちたかったです」。渡邊は「来年があるので、上手くできなかったことを練習して、頑張りたい」と話す。

 インターハイでは2008年に団体戦で3位に入っている。2010年には全日本高校選抜で準優勝。宮崎県で貴重な経験を積んだ選手たちが、来季も戦える。大きな期待をしてもおかしくない。

 

ストロークに威力がある下川

「来年は成長して戻ってくる」と渡邊

取材◎福田達 写真◎井出秀人

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社