TOPICS
大会
2019.11.06

秋田を盛り上げる柳葉さん

第5回柳葉敏郎チャリティートーナメント◎10/26・秋田県大仙市総合公園テニスコート

関連キーワード:

 10月26日(土)、今年も秋田県大仙市で『柳葉敏郎チャリティーソフトテニストーナメント』が開催された。
 第5回となったこの大会は人気俳優の柳葉敏郎さんが中心となっているだけに、年々人気が高まっている。今回、遠くは三重県からの参加もあり、92ペア184名のエントリーで盛大に開催された。

積極的にコミュニケーション

 トーナメントはペアの合計年齢により「エイジ50」「エイジ75」「エイジ100」の3部門で頂点を争った。娘さんとのペアなどこれまでエイジ75で出場してきた柳葉さんだが、今年はエイジ100に出場。エキシビションマッチを含め5試合を乗り切った上、初めて4位入賞を果たした。

中高ソフトテニス部の柳葉さん。真剣な表情でボールを見つめる

 毎年気さくにサインや記念撮影に応じる柳葉さん。子供たちと積極的に触れ合い、ソフトテニスを心から楽しんで、この大会を通じて地元秋田県を盛り上げている。また、チャリティートーナメントとして、参加料とチャリティーをあわせた500,000円が、秋田パイロットクラブへ柳葉さんから直接手渡された。昨年は秋田県内の3小学校へのヘルメット寄贈につながったという。

精力的に小学生と触れ合い、笑顔が弾ける

エキシビションマッチの子どもたちと一緒に

 ソフトテニスの楽しさを、あらためて実感できる場。さらにチャリティーの大事な機会。地域とソフトテニスをこれからも盛り上げていき、さらに根付いていくだろう。

▶︎第3回(2017年)の様子
▶︎第2回(2016年)の様子
▶︎2016年、日本代表へメッセージを寄せた柳葉さん

大会運営は秋田県・大仙市連盟以外に、大曲工業高・大曲高男女、大曲ベースボールクラブ、大曲整形外科医院の方々が手伝ってくださった

第5回の記念タオル。「GIBA」の文字がかっこいい! ソフマガ読者抽選で3名様へプレゼント。11/27発売の『ソフトテニス・マガジン1月号』に、大会リポートとともにプレゼントの応募方法を掲載

協力◉秋田県ソフトテニス連盟

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社