TOPICS
プレー&コラム
2019.11.26

元日本代表の小林奈央も登場! 数々のトップ選手をゲストに迎えるMasatoチャンネルの願いとは

荻原雅斗のカンボジア通信【不定期連載13】

関連キーワード:
元日本代表の小林奈央が登場! スーパースターの登場にファンからは熱いコメントが寄せられた

2018年にYouTuberデビューした、カンボジアチームヘッドコーチの荻原雅斗さん。一時帰国中に各地のトップ選手と撮影し、カンボジアで日々動画を更新し続けているが、YouTuberになりたいわけではない。未だ赤字のYouTube活動の目的は、技術動画で中高生や指導者をサポートしつつ、選手の露出機会を増やすこと。選手のプロデューサー的な立場を目指している。

荻原雅斗/おぎわら・まさと
1990年7月1日生まれ。岐阜県多治見市出身。Global Grow Cambodia 代表取締役社長。青年実業家。 東北高→中京大→カンボジア。ソフトテニスを12年間続け、学生時代に三度の日本一を獲得。現在はカンボジアソフトテニスナショナルチームのヘッドコーチとして活動中。また、教育(スポーツ・音楽・文化交流)という軸でさまざまなプロジェクトの構築を行っている。YouTuberまさととしてソフトテニスの指導動画も配信中

 

その場の勢いで、小林奈央にオファー

ーー3月にもYouTubeについて聞いていますが、今回もYouTubeの話を。最近では元日本代表の小林奈央さんが登場していて、驚きました。
 
小林奈央さんとは、彼女が日本代表だった2015年のインドでの世界選手権で初めてお会いして、プレーに魅了されました。当時「いつかカンボジアに教えに来てください!」と熱くお願いし、連絡先を交換していたんです。でも、彼女はその後引退したので進展はありませんでした。
 
そして、今年の8月にフィリピンで開催されたアジアジュニアで、小林さんの恩師である尽誠学園高の伊加英隆先生や篠原秀典さんと食事をする機会があり、伊加先生が小林さんの動画を見せてくれたんです。皆さん、僕の動画を見てくださっていたようで、「こんなプレーヤーはなかなかいないから、ぜひMasatoチャンネルに出てもらおう」という流れに。伊加先生が隣にいて勇気が出たこともあり(笑)、その場で勢いよくオファーしてみたんです。すると「約3年のブランクがあっても良ければ」と快諾いただき、岡山で撮影してきました。
 
ーー他にも全国各地のトップ選手が登場していますが、どんなアプローチを? 
 
ありがたいことに動画を見てくれている選手が多く、内容を理解してくれていることもあり、OKをいただけるケースが多いです。どの動画も、おふざけだけで終わることはなく、技術指導がベースであることも理解してもらえていると思いますが、出演前に必ずチャンネルの趣旨を説明しています。
 
ソフトテニスは他競技と比較したとき、トップ選手ほど努力や結果に見合った評価を得られていないと思うんです。残念ながら、ソフトテニス・マガジン以外のメディア掲載はほとんどありませんし、自分で発信して機会をつくるのにも限界がある。だからこそ、YouTubeで選手の露出機会を創造するとともに、指導者のいない子どもたちの役に立つ動画を発信したい。競技発展の思いも込めたこの趣旨に共感してもらえているので、出演してくれるのではないかと感じています。

NTT西日本との撮影で一同爆笑。左から、荻原氏、船水雄太、広岡宙、長江光一

ーー出演にはリスクもあります。
 
もちろん、批判のコメントなどについても選手は理解しています。でも、ソフトテニスの未来を少しでも変えられるのであればと、出演をきっかけに、これまで抱えていた思いを行動に移してくれているように感じますね。出演してもらった選手には、一切お礼を支払っていません。選手の協力があってこそのチャンネルになっています。
 
先日は羽黒高校の澤田吉広/荒木駿ペアに登場してもらいましたが、未成年なので保護者の承諾を得て、さらに公開前には白幡光先生にも確認いただきました。白幡先生が「若い世代の方の力で、ソフトテニス界を変えてほしい」と言ってくださったのもうれしかったです。
  
ーー技術動画の『Masatoチャンネル』に加え、いつの間にかサブチャンネルの『セカチャン』もできています。
 
『Masatoチャンネル』の技術動画は真面目な話も多いので、ゆるいテイストの『まさとのセカチャン』を作ったんです。セカチャンでは、ラケットやシューズなどの道具をテーマに根掘り葉掘り聞きまくって、選手との距離がより近く感じられる動画を目指しています。
 
どちらのチャンネルでも、選手のオフの顔も見られるように心がけていますが、NTT西日本の村上雄人さんの回は反響が大きかったですね。というのも、村上さんは何故か少し怖い印象があるみたいで(笑)。本人も、そういうイメージを持たれていると思っていたそうなのですが、「動画で印象が変わった! ほっこりする」、「優しそうで可愛い」などとコメントがついて。素顔を発信できたと感じてうれしかったですね。
 
同じNTTでは船水雄太選手も、写真を頼まれたり、愛称の「ふねみー」と声をかけられることが多くなったと。「ファンが増えている手応えがある」と言ってくれたのも励みになりました。
 
 

船水雄太の紹介で登場した村上雄人には、ファンから「優しそうで可愛い」とコメントが

「役立ちました」の声があるから、赤字でも続けられる

ーー最近の人気動画は? 
 
乱打対決シリーズです。僕がトップ選手にボコボコにやられるのが面白いみたいで。テーマもシンプルで分かりやすいですし、撮りやすいのでネタとしても回しやすいですね。それから、意外でしたが、球出しの仕方など基本中の基本の動画も再生回数が高いんです。始めたばかりの子が見てくれるみたいで。福井県庁のボレー練習や、和歌山県庁の後衛練習もけっこう見られていました。
 
船水ドリルも人気です。技術説明だけでなく練習メニューも紹介しているのですが、船水選手のキャラクターもあって再生回数が高くて。今後は、船水ドリルのように練習メニューをセットで紹介することと、女子選手の登場機会を増やしたいと思っています。
 
ーー順調そうですが、チャンネル登録者数の伸びはどうでしょう。
 
ぶっちゃけ、伸び悩んでいて…笑。TwitterのDMのほとんどが中学生だったので、YouTubeでも中学生をターゲットに発信してきたつもりでしたが、実際の視聴者は高校生以上が多いです。
 
僕にとってのYouTubeの目的は選手の露出機会を増やすことなので、もっと視聴者を増やさなければいけません。そしてもちろん、根底にはソフトテニスを盛り上げたい気持ちがあるので、僕の動画に求められているものや需要については試行錯誤ですが、いただいたコメントは必ず返信して視聴者の悩みを拾っていきたい。YouTube活動は赤字が続いている状況ですが、「役に立ってます!」とDMをいただいたりするので、頑張れますね。
 
ーーインターン生も、YouTubeに関わっていますね。
 
今回で第6期、10名のインターンが終了しました。インターン生には、企画から撮影、編集まですべて自分でやってもらうようにしています。YouTubeはあくまで手段で、何かを実現したければ、実際の行動を積み重ねる必要があるということを体験してもらいたいと思っています。海外で僕のように働く人のイメージが湧かなかったり、仕組みが整っていないと海外普及も進みませんから、インターンを通して僕の生き方を知ってもらいたいですね。
 

第6期インターンのきっくー(右)と一休(中央) 

右も左も分からない状態から撮影開始。実現までの行動を積み重ねる練習に

荻原雅斗のカンボジアあるある

⑥久々に日本に帰国すると寒い!

カンボジアの平均気温は30度前後。寒さに対してめっきり弱くなっているため、先日の一時帰国では11月なのにダウンジャケットを着用したという

写真提供◎荻原雅斗 取材◎井口さくら

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社