TOPICS
プレー&コラム
2020.05.27

【動画と連動】新連載!浅川コーチの「ショットを究めろ!」

ソフトテニス・マガジン7月号P20-29

関連キーワード:
浅川陽介コーチと協力してくれた日本体育大2年の下國康生選手

 元天皇杯チャンピオンの浅川陽介コーチが、テニス歴の浅い中学生を対象にショットの仕組みを解説するソフトテニス・マガジンの新企画。第1回はサービスを取り上げる。なお、毎回雑誌の誌面と動画を連動させていく予定。

 サービスが“入れるだけのサービス”になっていないだろうか。こんな状態が続くと次のステップに進むとき(具体的にはグリップをウエスタンからイースタンに替えるとき)、サービスが思うように打てないカベにぶつかる。このカベを越えるのは容易ではない。
 ならば、「最初からイースタンに握って腕を振り上げるオーバーハンドサービスを目指すべきである」と浅川コーチは言う。今回から始まるこのコーナーでは、サービスの動きをいくつかに分けて、良い例と悪い例を並べながら説明していく。初級者によく見られるミスも紹介されているので、1人でも直すことができる。動画を見ながら、本誌を読んでいただければ深く理解できるはずだ。

 

解説=浅川陽介
HY-PROJECT代表。ヨネックスアドバイザリースタッフ。日本代表として内外で活躍。世界ランキング最高1位。天皇杯に2度優勝の他に数え切れないタイトルを獲得。2010年に引退後は、民間スクール、行政管轄でも技術指導を行うプロコーチ。同時にソフトテニスの普及と強化のためにスクール、大会、講習会などを全国各地で開催。レベルや年齢に合わせた指導を行っている。元全日本U-20コーチ。https://hy-softtennis.jp
協力=下國康生
日本体育大学ソフトテニス部2年。北海道科学大学高校卒。

文と動画編集◎澄田公哉

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社