TOPICS
大会
2020.07.03

全日本選手権・歴代王者たち(2010〜2019)

天皇賜杯・皇后賜杯 全日本ソフトテニス選手権

関連キーワード:

 6月28日、日本ソフトテニス連盟(以下、日本連盟)は、今年の「第75回 天皇賜杯・皇后賜杯全日本ソフトテニス選手権大会」(10月23〜25日、愛知県・一宮市テニス場)の中止を発表した。新型コロナウイルスの影響により、開催が困難になったという。天皇賜杯・皇后賜杯はソフトテニスダブルスの国内最高峰、その年のペアナンバーワンを決める大会だ。

 2020年度大会は軒並み中止が続いており、日本連盟主催大会で年内中止・延期が決まっていないのは日本実業団リーグ、全日本クラブ選手権、第38回日本リーグ、日本リーグ入替戦の4大会のみだ(2020年7月3日現在、日本連盟公式HPの大会予定より)

 今年は王者が不在となるが、ソフトテニス最高のタイトルである天皇賜杯・皇后賜杯。そのこれまで10年間のチャンピオンを振り返ってみたい。

  天皇賜杯・皇后賜杯の過去の成績データ(16強以上)はコチラから確認できる。このうち、2010〜2019年の王者を下で紹介する。

2010年代の王者たち

2019・船水颯人/上松俊貴(ヨネックス/早稲田大)

安藤兄弟との早稲田勢対決を制して連覇。船水は自身3度目の頂点。

2019年優勝・船水颯人/上松俊貴

2019・林田リコ/島津佳那(東京女子体育大)

林田リコは自身3連覇。島津は初の頂点。

2019年女子優勝・林田リコ(左)/島津佳那

2018・船水颯人/上松俊貴(早稲田大)

船水は2年ぶり2度目、上松は初の栄冠。

2018年優勝・船水颯人(左)/上松俊貴

2018・林田リコ/宮下こころ(東京女子体育大/明治大)

G2-4から逆転で連覇を達成。

2018年優勝・林田リコ(左)/宮下こころ

2017・水澤悠太/村上雄人(NTT西日本)

水澤は2014年以来3年ぶり栄冠、村上は3度目の決勝でうれしい初優勝。

2017年優勝・水澤悠太(左)/村上雄人

2017・林田リコ/宮下こころ(文大杉並高)

67年ぶりの高校生の皇后賜杯。インハイチャンプが日本一。

2017年優勝・林田リコ/宮下こころ

2016・船水颯人/星野慎平(早稲田大)

初の天皇杯優勝。学生王者は2013年の先輩・桂/髙月(早稲田大)以来3年ぶり。

2016優勝・船水颯人/星野慎平

2016・志牟田智美/地中葵(神戸松蔭女子学院大)

インカレ王者の2人が快進撃で初優勝。志牟田は3年、地中は2年。

2016年優勝・志牟田智美/地中葵

2015・篠原秀典/小林幸司(日体桜友会/ミズノ)

ダブルフォワードの篠原/小林が3年ぶり3度目の王座に返り咲いた。

2015年優勝・篠原秀典/小林幸司

2015・森田奈緒/山下ひかる(ヨネックス)

2013年以来2年ぶりの決勝進出で初優勝。

2015年優勝・森田奈緒/山下ひかる

2014・水澤悠太/長江光一(NTT西日本広島)

初の決勝進出で頂点に。NTT西日本広島にとって中堀/高川以来4年ぶりの天皇賜杯。

2014年優勝・水澤悠太/長江光一

2014・佐々木舞/大庭彩加(NTT西日本広島)

佐々木は3度目、大庭は佐々木とペアで4年ぶり2度目。現役最後の年の総決算。

2014年優勝・佐々木舞/大庭彩加

2013・桂拓也/髙月拓磨(早稲田大)

連覇中の篠原/小林に決勝で勝利。学生としては5年ぶりの頂点に。

2013年優勝・桂拓也/髙月拓磨

2013・上原絵里/阿部悠梨(ナガセケンコー)

2年連続で決勝進出。初優勝を飾った。上原はこのシーズンで引退。

2013年優勝・上原絵里/阿部悠梨

2012・篠原秀典/小林幸司(日体桜友会/ミズノ)

磨きのかかったダブルフォワードで村上/中本を決勝で下し、連覇を達成。

2012年優勝・篠原秀典/小林幸司

2012・深澤昭恵/宮下愛未(東芝姫路)

前年に続き東芝姫路勢の皇后賜杯。社会人4年目/5年目ペアが待望の日本一。

2012年優勝・深澤昭恵/宮下愛未

2011・篠原秀典/小林幸司(日体桜友会/ミズノ)

2年連続の決勝進出、ダブルフォワードペア、ついに初の天皇賜杯を手にする。

2011年優勝・篠原秀典(左)/小林幸司

2011・杉本瞳/森原可奈

2年連続の決勝進出で栄冠に。杉本は4年ぶり2回目、森原は初優勝。

2011年優勝・杉本瞳(左)/森原可奈

2010・中堀成生/高川経生(NTT西日本広島)

2年連続9度目の優勝!!  38歳どうしのベテランペアが前人未到の金字塔を打ち立てた。

2010年優勝・中堀成生(左)/高川経生

2010・佐々木舞/大庭彩加(NTT西日本広島)

同級生ペアが新エースに名乗り。佐々木は2年ぶり2度目、大庭は初の皇后賜杯。

2010年優勝・佐々木舞(左)/大庭彩加

 

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社