TOPICS
大会
2020.10.03

【ミズノ・オープン初日】各ペア2試合を終え、フネクシ、中本/鈴木が全勝で最終日へ

MIZUNO OPEN SOFT TENNIS 2020◎10月3、4日

関連キーワード:
「試合ができたことは正直うれしいですが、初戦は緊張していました」と九島

 10月3日(土)、ミズノ初のオンライン無料ライブ配信大会「ミズノ・オープン」が幕を開けた。8ペアがA、Bブロックに組分けされ、初日は各2試合を終えた。2勝で最終日に向かうのはAブロックの船水雄太/九島一馬(AAS Management/ミズノ)、Bブロックの中本圭哉/鈴木琢巳(福井県庁)。最終日は各ブロック上位2ペアが決勝トーナメントに進む。

「4月にプロになって、ようやく試合。高ぶる気持ちはありました」と振り返った船水だが、同時に硬さも見られて、荒尾大輔/小川友貴(宇部興産)との試合はファイナルにもつれた。ただ、そこは7-0と一方的にポイントを重ねて勝利を手にする。2戦目は1週間前の練習試合で完敗していた上岡俊介/安藤圭祐(同志社大/東邦ガス)だったが、途中から九島が仕留める本来のテニスでG④-2としてAブロックで2連勝を決めた。

「まだやってきたことを出せていない面もあるので、(明日は)整理して臨みます」と九島。オンライン配信で多くの人たちが見ていることには、「良いテニスを見せないといけないという気持ちはあります」と話した。

「第2のキャリアの幕開けに込み上げてきましたが、うまく入れなかったのは正直なところです」と船水は振り返った

 Bブロックは中本/鈴木が2連勝したが、北野亮介/星野雄慈(ワタキューセイモア)との初戦は苦しんだ。ファイナルにもつれ、相手にマッチポイントを握られる場面もあったが、最後は振りきった。注目された内本隆文/林佑太郎(NTT西日本)との2試合は初戦と違い、ミスも少なく、一気にG④-1と勝負を決めて、実力を披露した。

2試合目に修正した姿を見せた中本/鈴木

 4日は午前9時から試合開始。午後から決勝トーナメントが行われ、王者が決まる。初日の試合結果は下記の通り。

■初日試合結果
▼Aブロック
船水雄太/九島一馬   G④-3  荒尾大輔/小川友貴
[AAS Management/ミズノ]  [宇部興産]

上岡俊介/安藤圭祐  G④-0  村上雄人/長江光一
[同志社大/東邦ガス]     [NTT西日本]

船水雄太/九島一馬   G④-2  上岡俊介/安藤圭祐
[AAS Management/ミズノ]  [同志社大/東邦ガス]

荒尾大輔/小川友貴  G1-④  村上雄人/長江光一
[宇部興産]           [NTT西日本]

▼Bブロック
丸中大明/広岡宙  G3-④  内本隆文/林佑太郎
[NTT西日本]         [NTT西日本]

北野亮介/星野雄慈  G3-④  中本圭哉/鈴木琢巳
[ワタキューセイモア]      [福井県庁]

丸中大明/広岡宙  G2-④  北野亮介/星野雄慈
[NTT西日本]         [ワタキューセイモア]

内本隆文/林佑太郎  G1-④  中本圭哉/鈴木琢巳
[NTT西日本]          [福井県庁]

取材◎福田達 写真◎毛受亮介

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社