TOPICS
大会
2021.06.02

男子・熊本工業が2017年以来4年ぶり、女子・熊本中央が10年ぶりインハイ団体出場へ【インハイ熊本予選】

【インハイ予選2021】熊本/5月23、28〜31日・熊本県民総合運動公園メインテニスコート、パークドーム熊本

関連キーワード:

 2年ぶり開催のインターハイ、2021年のソフトテニス競技は石川県を舞台に、男子は7月28〜31日(能登町・能都健民テニスコート)、女子は8月1日〜4日(七尾市・和倉温泉運動公園)に予定されている。その予選が5月より各地でスタートした。

 5月23日、28~31日、熊本県民総合運動公園他で『熊本県高校総合体育大会』が行われた。
 28、29日に行われた団体戦は、男女各41チームが参加。予選トーナメントを勝ち抜いた4チームが決勝リーグを戦った。男子は熊本工業が全対戦③-0で優勝。2017年以来4年ぶりのインハイ団体出場をつかんだ。

男子優勝・熊本工業

 女子は全対戦②-1で勝った熊本中央が優勝。2011年以来10年ぶりのインハイ団体きっぷ獲得となった。

女子優勝・熊本中央

 23、30、31に行われた個人戦は男子259ペア、女子200ペアがエントリー。男子は団体2位の文徳・舛田俊輔/岩﨑渉が熊本工業の黒木瑛太/山本幸史朗を0で封じ頂点に。女子は団体2位の尚絅の同士討ちとなり、森瑚々奈/下田茉茄が1で花田娃子/岩崎莉緒菜に勝利した。

男子優勝・舛田俊輔/岩﨑渉

女子優勝・森瑚々奈/下田茉茄

【男子団体】

①熊本工業
②文徳
③マリスト
④玉名工業

【女子団体】

①熊本中央
②尚絅
③第一
④熊本工業

【男子個人】

①舛田 俊輔/岩﨑  渉(文徳)
②黒木 瑛太/山本幸史朗(熊本工業)
③白石 貴也/川本健士郎(文徳)
④山内 優斗/栗焼 祐介(文徳)
⑤中村 翔太/岡本 崇杜(熊本工業)
⑥中山 秀哉/中原 壮琉(マリスト)

【女子個人】

①森 瑚々奈/下田 茉茄(尚絅)
②花田 娃子/岩崎莉緒菜(尚絅)
③原田あかり/梶浦伊依莉(八代工業)
④和田あやな/胸元 美穂(熊本中央)
⑤小村 菜月/内田 なえ(熊本中央)
⑥山口 紗羅/内田  雫(第一)

結果詳細は熊本県高体連専門部
2019年の予選結果はこちら

※インターハイ出場校名鑑は7/27発売『ソフトテニス・マガジン9月号』に掲載予定。個人戦出場者は選手名を掲載。
※インターハイ結果は8/27発売『ソフトテニス・マガジン10月号』に掲載予定。

協力・写真◎熊本高体連ソフトテニス専門部(委員長・谷脇 晋氏)

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社
ベースボール・マガジン社