TOPICS
大会
2021.06.27

【ハイジャパ2021・3日目】男子ダブルスは片岡暁紀/広岡大河(上宮)が初優勝!広岡は史上初の兄弟制覇

第50回ゴーセン杯争奪ハイスクールジャパンカップ2021◎6/25~27 札幌円山公園庭球場

関連キーワード:
優勝を決めた片岡/広岡(上宮)。久々に全国レベルの個人戦に参加して実績を残した

 札幌の丸山公園庭球場にて、第50回ゴーセン杯争奪ハイスクールジャパンカップ2021が始まった。大会3日目はダブルスの決勝トーナメントが行われて、男子は片岡暁紀/広岡大河(上宮)が優勝した。

 片岡/広岡にとって簡単なドローではなく、最終日は一つひとつ戦うという印象だったが、気持ちの入ったテニスでじわじわとリードを広げた。特に、後衛の片岡が勝負所で攻める姿勢を貫いて白星を引き寄せた。

「リードしても挽回される場面多かったですが、ペアが強気にいってくれました。昨日(シングルス3位)は焦りが出ましたが、今日は落ち着いてできたのがよかったです」と広岡。決勝の勝負所で強気に打ちきった片岡はこう振り返った。
「勝ってきた先輩たちはピンチでも打ちきってきたと聞いたので、それがいい結果につながりました。この大会で自分たちのプレースタイルを確立できたのが良かったです」

 コロナ禍で練習時間が制限され、実戦経験も少なかったが、伝統の大会で大きな自信をもらった。

優勝カップをつかんで実感がわく

2位の岩﨑絢哉/黒坂卓矢(尽誠学園)。2年生の黒坂は惜しくも2冠ならず

3位の野田楓麿/永江孝二郎(高田商業)。中学時代のペアで勝負の夏に挑む

3位の山下風雅/五十嵐涼介(大牟田)。準々決勝は飯田航仁/飯田仁人(能登)にG2-3の0-3とされたが、ファイナルに持ち込んで逆転勝ちした

◆最終日の結果
▼決勝
片岡暁紀/広岡大河(上宮)④―3岩﨑絢哉/黒坂卓矢(尽誠学園)
▼準決勝
片岡暁紀/広岡大河(上宮)④―2山下風雅/五十嵐涼介(大牟田)
岩﨑絢哉/黒坂卓矢(尽誠学園)④―2野田楓麿/永江孝二郎(高田商業)

取材◎福田達 写真◎井出秀人

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社
ベースボール・マガジン社