TOPICS
大会
2024.02.10

【アゼリアカップ】男子の尽誠学園、東北は三番勝負を制して2日目へ、女子は和歌山信愛、三重が初戦敗退

第37回高松アゼリアカップ高校選抜ソフトテニス国際大会◎2/10-11 香川県高松市・高松市総合体育館

関連キーワード:
尽誠学園の1番で勝利した米川雅翔(左)/豊田祐冴

 3月の全日本高校選抜の前哨戦と位置づけられる『第37回高松アゼリアカップ高校選抜ソフトテニス国際大会』が、2月10日から香川県高松市の高松市総合体育館で開幕。男女各18チームの優勝争いは、1日目から実力伯仲の好勝負が相次いだ。

和歌山信愛は1、2番で敗退

 男子は昨年に全日本高校選抜、インターハイ団体戦、国体を制し、27年ぶりの高校三冠を成し遂げた尽誠学園(香川)が、地元でのアゼリアカップ連覇を目指して初戦の2回戦に臨んだ。1回戦で南陽工業(山口)を下して勢いに乗る和歌山北(和歌山)から1番を取ったものの、2番が敗れて三番勝負に。だが3番の内田陽斗/笹川慈瑛が競り勝ち、2日目(11日)の準々決勝に勝ち上がっている。

 また、昨年のインハイ団体戦で準優勝、選抜と国体は3位だった東北(宮城)も、立命館守山(滋賀)との初戦の2回戦が三番勝負に。1回戦で高松市選抜(香川)を下した相手に1番を取りながらも2番が敗れたが、何とか振りきって勝ち上がっている。

 一方、女子は昨年のアゼリアカップと選抜を制した和歌山信愛(和歌山)が、初戦の2回戦で山陽学園(岡山)に敗れた。1回戦で高松市選抜を下した相手に序盤から後手を踏み、1番が0、2番が1で敗れて万事休す。また、昨年のインターハイ団体戦を制している三重(三重)も、初戦の2回戦で札幌龍谷学園(北海道)と対戦し、1番勝利後に2番と3番がファイナルで敗れて敗退となった。

 1日目を終えて、男女とも写真のようにベスト8が出そろった。2日目の11日は第1試合が9時プレーボールで、選抜前哨戦の覇者が決定する。

吉原正文・大会会長が開会式であいさつ

地元・高松市選抜の木内央斗(左)と西山莉々渚が選手宣誓を行った

3年ぶりに開催された昨年は各種制限があったが、今年は声出し応援も解禁された

女子の東北(宮城)は初戦の2回戦で岡崎城西(愛知)に勝利

九州地区1位で選抜に出場する大分商業(大分)は初戦の2回戦で学法石川(福島)に敗戦

昨年、単独で国体を制した広島翔洋(広島)は初戦の2回戦で尽誠学園(香川)を下した

男子1日目の結果

女子1日目の結果

取材・文・写真◎石倉利英

注目の記事

映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社
ベースボール・マガジン社
ソフトテニス・マガジンお詫びと訂正