TOPICS
プレー&コラム
2017.05.04

後輩にも意見を求める。内本には「それでいいと思います」とさらりと言われる(笑)

【WEB連載】船水颯人『JKTへの道』#13 動画、ライバルの存在

関連キーワード:

練習後は、試合動画をチェックするという船水颯人。先入観が強くなるのでライバルの試合は大雑把に見る、自分の悪かったプレーこそチェックする。高校時代まで人の意見はあまり聞かなかったというが、今は積極的に助言を求めるようになった。「大学には良いお手本がたくさんいるので、意見を聞かないと損」。

ソフトテニスマガジン・ポータルでは、船水颯人の2018年ジャカルタ(JKT)アジア競技大会に向けた取り組みをインタビュー連載で追っていく。船水颯人『JKTへの道』第13回は、動画の見方と身近なライバルとの関係について。

船水颯人/ふねみず・はやと 1997年1月24日生まれ、20歳。青森県出身。身長170㎝、右利き、後衛。黒石烏城クラブ(小1)→黒石中→東北高→早稲田大3年

s-BBQ_3777

日本トップの選手が集まる早稲田大でさらに成長するため、チームメートや後輩の意見に耳を傾ける。2016年のインカレで5連覇を果たした瞬間 写真◎矢野寿明

調子が良かったときの動画はあまり見ない

――前回の連載ではコンディションが悪いと、練習をスパッと切り上げて帰ることもあると話していました。練習のあとは、何をしているのですか。

オフの時間は、試合の動画を見たりしますね。これって、オフになっていないですか(笑)。対戦相手の映像をチェックしたり、気になっている選手のプレーを眺めています。あまりのめり込んで見てしまうと、先入観が強くなるので、そこは気をつけています。

――先入観が強くなるとは?

いざ試合になったときに「次は、このコースを狙ってくるんじゃないか」と考えてしまうので。僕の場合、それがマイナスに働いてしまうんです。

そうなると、相手の思うツボ。だから、大雑把に見るようにしています。1試合を通して、フルで見ることはないですね。

――対戦相手だけでなく、自分のプレー映像も見ますか?

もちろん。時間があれば、見ています。

――自分の、どのようなプレーの映像を?

「なんか、感覚が悪かったな」というプレーですね。そのショットでポイントを取れていたとしても、しっくりこないときがあれば、映像でチェックします。むしろ、調子が良かったときの試合は、あまり見ないんです。チェックするのは内容が気になるときばかり。なるべく、その実感が残っているときに映像で再確認するようにしています。

――ポイントを取れても、納得できないショットがあると。

たまたま点は入ったけれども、「それで本当に良かったのか」と思い直すことが大事です。結果が出ると、つい流してしまいますが、それではレベルアップできません。あらためて気になる場面を見返し、ほかの選手と比較して見ると、自分の劣っている部分に気が付くんです。タイミングの取り方、タメのつくり方とか。これまでも、そうやって修正してきた点は数多くあるので。

切磋琢磨する存在がいること

――後輩や同級生に助言を求めるとき、プライドは邪魔しませんか。

高校時代までは人の意見を素直に聞かず、「分かっているよ!」と思いながらプレーしていましたが、大学に入ってからは変わりました。やっぱり、柔軟性も必要です。1人では限界があります。大学には良いお手本がたくさんいるので、意見を聞かないと損です。

早稲田大は、それくらいすごい選手がそろっています。いまの環境は生かさない手はないですよね。もちろん、同じ大学のチームメートでもライバルなので、そこまで詳しくはレクチャーしてくれませんよ(笑)。

後輩の内本隆文にもよく意見を聞きますが、「それでいいと思いますよ」とさらりと言われたりもしますね(笑)。彼からはいい刺激を受けています。

――身近な良いライバルですね。

中学時代はずっと勝てなかった相手ですから。チーム内の競争で、内本や安藤(優作)に負けたくない、勝ちたいという思いがあるのも、今の僕のモチベーションのひとつになっています。これからも、さらに高め合っていくチームをつくっていきたい。切磋琢磨する存在がいるのと、いないのとでは、大きく違います。仲間にはとても感謝しています。

安藤や内本とは教え合うということは、そんなにないんです。特に内本は、これからの早稲田を背負っていく中心人物でもあるので、もっと成長してほしいですし、もっとうまくなってほしいと思います。

――ライバルの成長は自分の成長にもつながると。

その通りですね。僕は根っからの負けず嫌いなので。

s-DSC_3702

中3時の全中個人準決勝で1学年下の内本に敗れて3位(右)。内本は準優勝。中学まで、内本は勝てない相手だった 写真◎江見洋子

船水颯人の試合動画の活用法
①相手の動画はコースの狙いを確認する程度
②自分のしっくりこなかったプレーを確認
③ほかの選手と比較して劣る部分を修正

>>船水颯人『JKTへの道』バックナンバー
#01 国際大会初の個人戦金メダルに「興奮しすぎました(笑)」 2016.12.30公開
#02 篠原さんを超えるのが目標だった。やっと本番で勝てました 2017.01.06公開
#03「充実した1年を過ごした」船水颯人、3週間1セットの調整法 2017.01.13公開
#04 フェデラーは「すごいことを普通にやる、僕の目指すところ」 2017.02.02公開
#05 逆算の思考法「負ける要素をクリアーすれば勝てる」 2017.02.09公開
#06「生きたボール」を打つためにガットはゆるく張る 2017.02.16公開
#07 高校選抜を振り返る「あのときグリップを変えたから今がある」2017.02.23公開
#08「あのショットが打てれば勝てる」インド遠征でグリップを変えた 2017.03.09公開
#09 新しいことにチャレンジしたい。新シーズンは「スピード」 2017.03.16
#10 練習は量よりも質。どれだけ充実した一日を過ごせるかで差がつく 2017.03.23
#11 常にチャレンジする、立ち止まっていると何も生まれない 2017.03.30公開
#12 中途半端な休憩を入れない。やるべきことをやったらスパッと切り上げる 2017.04.27公開

次回は5月11日に公開予定です。

取材・構成◎杉園昌之 タイトル写真◎阿部卓功


映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社