篠原 秀典(しのはら・ひでのり)

%e7%af%a0%e5%8e%9f%e7%a7%80%e5%85%b8

篠原 秀典
しのはら・ひでのり

右利き/後衛

所属:日体桜友会
誕生日:1983年5月16日
出身地:群馬
身長:179
血液型:O
経歴:渋川スポ少(小3)→渋川中→東京農業大二高→日本体育大

代表歴

・2005年東アジア競技大会
・2006年アジア競技大会
・2007年世界選手権
・2008年アジア選手権
・2010年アジア競技大会
・2011年世界選手権
・2012年アジア選手権
・2013年東アジア競技大会
・2014年アジア競技大会

2016アジア選手権出場種目

・国別対抗(団体) 金メダル
・ダブルス(/小林幸司) 銅メダル
2回戦:⑤-1 K.ママワル/V.ラミスカル(フィリピン)
3回戦:⑤-0 S.マノーズ/P.N.ラジュ(ネパール)
準々決勝:⑤-2 リウ・ジャアルン/ドゥー・シェンハン(中華台北)
準決勝:4-⑤ 船水颯人/上松俊貴

2016年度戦績

・アジア選手権日本代表予選会2位(/小林幸司)
・天皇杯5位(/小林幸司)

「久々の日本開催で、たくさんの方々に最高のプレーをお見せしたいです。当然、金メダルを目指します!!」

選手紹介

4大国際大会の出場はこれが10度目。チームで最多の出場数が示すように、その経験値は幅広く奥深い。小林幸司とのペアで国内シーンを牽引、天皇杯は3度獲得している(~2015)。国際大会デビュー時(2005年)はいきなり国別決勝でシングルスを担い、唯一の星を挙げた。日本体育大などで講師として働き、女子部コーチを務めるセンセイでもある。

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社