長江 光一(ながえ・こういち)

右利き/前衛 

所属 :NTT西日本
誕生日 :1987年10月28日
出身地 :岡山
身長 :175
血液型 :O
経歴 :総社ジュニア(小3)→総社東中→岡山理大附高→早稲田大

日本代表歴

2011年世界選手権(韓国・ムンギョン)
・シングルス ベスト8
・国別対抗 銀メダル
2012年アジア選手権(台湾・嘉義)
・シングルス ベスト8
・国別対抗  金メダル
2013年東アジア競技大会(中国・天津)
・シングルス 金メダル
・ミックスダブルス 金メダル(小林奈央/)
・国別対抗 金メダル
2014年アジア競技大会(韓国・仁川)
・シングルス 予選リーグ
・国別対抗 銀メダル
2015年世界選手権(インド・ニューデリー)
・シングルス ベスト8
・ミックスダブルス  決勝トーナメント1回戦(/森田奈緒)
・国別対抗  金メダル
2016年アジア選手権(日本・千葉)
・シングルス  ベスト16
・ダブルス 銅メダル水澤悠太/)
・ミックスダブルス ベスト8(中川瑞貴/)
・国別対抗 金メダル
2018年アジア競技大会(インドネシア・パレンバン)
・シングルス 8強
・国別対抗 銀メダル
2019年世界選手権(中国・台州)

主な戦績

・全小団体優勝:1999年
・全小個人優勝:1999年
・都道府県対抗全中団体優勝:2002年
・インカレ団体優勝3回:2007年、2008年、2009年
・全日本シングルス優勝3回:2009年、2011年、2014年
・天皇杯優勝:2014年水澤悠太/)
・全日本インドア優勝2回:2015年(水澤悠太/)、2018年(丸中大明/)
・全日本社会人選手権優勝2回:2017年(丸中大明/)、2018年丸中大明/)
・日本リーグ優勝:2010年、2011年、2012年、2013年、2014年、2015年、2016年、2017年

選手紹介

4大国際大会参加に6大会連続参加しているベテラン。国際シーンでは、長江と言えばシングルス(2013年、日本人として初めての4大国際大会シングルス優勝者に)。2015年のインド世界選手権国別対抗では各国のマークをよそに、決勝(vs中華台北)では増田とのダブルスで登場し、ライバルたちの度肝を抜いた。2016年のアジア選手権ではダブルスで銅メダル、国別対抗ではキャプテンとして金メダル獲得に貢献した。2018年アジア競技大会の日本代表チームに選出され、男子チームのキャプテンに。


>>2020年度 ナショナルチーム男子一覧

船水颯人上松 俊貴長尾 景陽松本 倫旺中本 圭哉” width=”120″ height=”120″ />

鈴木 琢巳内本 隆文内田 理久安藤 優作安藤 圭祐
丸中 大明長江 光一船水 雄太広岡 宙林田 和樹上岡 俊介増田 健人九島 一馬

>>2020年度 ナショナルチーム女子一覧

林田リコ志牟田 智美泉谷 朋香芝崎 百香高橋 乃綾黑木 瑠璃華半谷 美咲尾上 胡桃徳川 愛実石井 友梨笠井 佑樹大槻 麗島津 佳那那須 暁帆片野理音早川日向久保晴華黒田菜穂子

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社